更新日:2019年6月11日

ここから本文です。

遺骨を改葬するときは

墓地、埋葬等に関する法律により、納骨している遺骨を別の場所に葬るには改葬許可が必要です。(墓地、埋葬等に関する法律第5条)

改葬許可は以下のような手順になります 

 

  1. 改葬許可申請書を市区町村長から取り寄せる。
  2. 現在納骨している墓地・納骨堂等の管理者に埋蔵(収蔵)の証明を依頼する。
  3. 移転先の墓地・納骨堂等の管理者から受け入れの証明か使用契約書等を取得する。
  4. 市区町村長から改葬許可証の交付を受ける。
  5. 改葬許可証を移転先の墓地・納骨堂等の管理者に納骨する際、提出する。

改葬許可 Q&A

Q.改葬許可証はどこで発行していますか?

A.現在、遺骨がある墓地・納骨堂等の所在する市区町村長が発行します。
大分市の場合は大分市保健所衛生課、もしくは各支所です。

Q.改葬許可申請書の記入の仕方はどうすればよいですか?

A.下の改葬許可申請書&別紙の記入例を参考にしてください。
現在、遺骨がある墓地・納骨堂等の管理者から、申請書の下欄に証明を受けてください。

Q.改葬許可証をどうすればよいですか?

A.遺骨を新しく入れる墓地・納骨堂等の管理者に必ず渡してください(墓地台帳・過去帳等作成のため)。

 

遺骨を改葬する際の概要

対象者

大分市内の墓地・納骨堂等にある遺骨を改葬しようとする方

代理の可否

受付窓口

  • 大分市保健所 衛生課 生活衛生担当班
    場所 〒870-8506 荷揚町6番1号 2階
  • 鶴崎支所
  • 大南支所
  • 稙田支所
  • 大在支所
  • 坂ノ市支所
  • 明野支所
  • 佐賀関支所
  • 野津原支所

受付時間

平日の午前8時30分~午後5時15分

費用

無料

提出書類

  • 改葬許可申請書(現在納骨している墓地、納骨堂等の管理者からの埋蔵(収蔵)の証明を含む。)

必要なもの(添付書類)

  • 移転先の墓地・納骨堂等の管理者から受け入れの証明か使用契約書等の写し
  • 申請者と移転先の墓地・納骨堂等の使用者が異なる場合は墓地使用者の承諾書

注意事項

※改葬先の場所は、次の(イ)(ロ)どちらかであることが必要です。

  • (イ)都道府県知事の墓地経営許可を受けた墓地・納骨堂等であること。
  • (ロ)「墓地、埋葬等に関する法律」施行日(昭和23年5月31日)の前から使用されていた墓地であること。(従前から墓地であったことを証明する書類{字図土地台帳の写し、管理者等の証明等}を添付)

その他、不明なことや質問がありましたら下記にお問い合わせください。

ダウンロード

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部衛生課 

郵便番号870-8506 大分市荷揚町6番1号

電話番号:(097)536-2854

ファクス:(097)532-3490

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る