ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 大分市の広報 > 報道発表資料 > 令和5年度発表分 > 4月(令和5年度発表分) > 大分市オープンデータカタログサイトの運用を開始します

ここから本文です。

報道発表資料

大分市オープンデータカタログサイトの運用を開始します

  • 発表日:令和5年4月3日
  • 担当課:情報政策課 ICT推進室
  • 担当者:峯田、赤峰
  • 電話番号:097-574-6182(内線1189)

大分市では「透明性・信頼性の向上」「市民協働の推進」「経済の活性化」などを目的に、平成30年1月より、各種データをオープンデータとして公開してきました。
この度、本市のオープンデータのさらなる利活用促進等を目的として、オープンデータ掲載等の専用サイトである「BODIK ODCS」に参加し、大分市オープンデータカタログサイトの運用を開始します。

1.BODIK ODCSとは

BODIK ODCSとは、公益財団法人九州先端科学技術研究所が提供する、地方自治体がオープンデータを公開するためのデータカタログサイトです。大分市以外にも、大分県を含めたさまざまな自治体が利用しています。

2.大分市オープンデータカタログサイト

大分市オープンデータカタログサイトでは、各種統計情報のほか、公共施設、医療機関、避難所などの一覧表、大分市の写真といった、1,500件以上のデータを公開しています。

【サイトURL】

https://odcs.bodik.jp/442011/(別ウィンドウで開きます)

【二次元コード】

サイトコード

3.利用可能な機能

大分市オープンデータカタログサイトでは、「データ」を分野ごとにグループ化することで目的のデータを探しやすくしています。加えて、以下の機能などが利用可能です。
1.キーワード検索またはカテゴリーでデータの絞り込みができます。
2.csvファイルの場合、使いたいデータをダウンロードする前に、データの項目やデータの内容を確認することができます。
3.施設一覧などのデータで場所を特定できる緯度・経度の位置情報がある場合は、地図上で施設などの場所を確認することができます。
4.WebAPIを利用できます。(詳しくは以下のリンクを参照。BODIK ODCSのページへジャンプします。)

4.サイト公開日

  • サイト試行公開・・・3月15日
  • 本格運用開始・・・4月3日

5.利用規約

大分市オープンデータカタログサイトの利用にあたっては、大分市オープンデータ利用規約を確認してください。

お問い合わせ

企画部情報政策課ICT推進室

電話番号:(097)574-6182

ファクス:(097)538-4196

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る