ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 大分市の広報 > 報道発表資料 > 令和元年度発表分 > 10月(令和元年度発表分) > 発足20周年を迎えた「賀来かた昼消防団」の呼びかけで総合防災訓練を行います

ここから本文です。

報道発表資料

発足20周年を迎えた「賀来かた昼消防団」の呼びかけで総合防災訓練を行います

  • 発表日:令和元年10月25日
  • 担当課:消防局総務課
  • 担当者:岩野・佐藤
  • 電話番号:097-532-2188(内線55-328)

防災の基本である、”地域内の顔の見える関係”を、子どもを中心に形成することを目的に、「かた昼消防団」と「地域住民」が連携した避難訓練などの総合防災訓練を行います。
この訓練は、大分市では初めての取り組みです。

日 時

11月3日(日曜日) 午前8時~正午

場 所

大分市立賀来小中学校西グラウンド

内 容

かた昼消防団員と地域住民が、放水訓練や救命講習、炊出し訓練を実施します。
・かた昼消防団員が、消防・防災の体験教育の一環として、地域内の災害危険個所を知るために消防団車両に同乗してパトロールを行い、車載マイクで地域住民に対し避難を呼びかけます。
・呼びかけに応じた地域住民が、指定避難所に避難を行います。
・消防局による梯子車の搭乗体験も実施します。

参加者

大分市消防団第4方面隊賀来分団(40名程度参加予定)
賀来かた昼消防団員(40名程度参加予定)
賀来地区住民(200名程度参加見込み) 

 放水体験 車両広報 炊き出し試食

備考

かた昼消防団とは・・・

消防団が生徒たちに防災に関する体験教育を行って、地域の防災力を高めようというものです。
「かた昼」というのは、大分の方言で半日を意味します。つまり、半日だけ消防団員として防災の体験をやってみようということです。

※報道用駐車場を準備いたします。

 

お問い合わせ

消防局総務課 

郵便番号870-0044 大分市舞鶴町1丁目1番1号

電話番号:(097)532-2188

ファクス:(097)532-7018

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る