ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化 > 展覧会情報 > コレクション展 > 第1期コレクション展/展示室2(前期)「節句の『祝画』」をご案内します

更新日:2021年4月14日

ここから本文です。

第1期コレクション展/展示室2(前期)「節句の『祝画』」をご案内します

端午節句図

 

田近竹邨《端午節句・御所図屏風》(左隻) 1895

節句の『祝画』

節句は年間の節目にあたる特別な日です。3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕など、人々はその日にふさわしく部屋をしつらえ、特別な料理や季節の草花を供えて神仏をまつり、家族の健康や幸福を祈ってきました。これに伴い絵画でも、それぞれの節句に因んだ縁起の良い、めでたい意味をもつ多彩な作品が数多く描かれています。人々はそれらを床の間にかけ、節句を寿ぎ、季節の移ろいや自然の巡りを深く感じて送る暮らしを、古より大切に守り伝えてきました。
本展では、さまざまな節句を祝う「祝画」と、そこに込められた人々の幸せへの願いを紹介します。
 

「節句の『祝画』」開催概要
会期 令和3年4月14日(水曜日)~5月23日(日曜日)
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日 4月19日(月曜日)、4月26日(月曜日)、5月10日(月曜日)、5月17日(月曜日)
観覧料

一般310円(260円)、高大生210円(150円)中学生以下は市内市外を問わず無料

※()は20名以上の団体料金                 

※上記観覧料にてコレクション展(展示室1~4)をすべてご覧になれます。

※特別展観覧料でコレクション展もあわせてご覧になれます。                

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料です。

※コレクション展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用できます。

会場 大分市美術館 常設展示室2

主な展示作品(都合により変更する場合があります)

  義経騎馬図

永峰晴水《義経騎馬図》 部分

江戸時代後期

         粽図

早田聖山《粽楠公父子図》(中幅)部分

1923

紙雛図 

渡辺拈華《ほう竹田紙雛図》(部分)

江戸時代後期

関連情報

ダウンロード

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部美術館 美術振興課 

電話番号:(097)554-5800

ファクス:(097)554-5811

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?