ホーム > 仕事・産業 > 新型コロナウイルス感染拡大防止のための飛沫感染防止等に係る施設改修費を補助します

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染拡大防止のための飛沫感染防止等に係る施設改修費を補助します

補助金の対象となるかどうかの事前相談が必要となります。

(HPの内容を確認ののち、ページ最下部にあります電話・ファクス・お問い合わせフォームにて事前相談をお願いします。)

補助金申請は原則一度きりとなっておりますのでご注意ください。

 概要

全国的に新型コロナウイルスの感染が広がる中、大分市内の事業所で市民生活の維持に必要な事業を行っているスーパーや飲食店などの中小規模事業者に対し、飛沫感染防止や社会的距離(ソーシャル・ディスタンス)の確保など、感染防止対策に係る施設改修費の一部を補助します。

対象者

1.本店が市内にあること

2.中小規模事業者であること

※中小規模事業者とは、中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項に規定する中小企業者および小規模企業者をいい、下記表に該当する者のことをいう。

 中小企業一覧

                                                                                            (中小企業庁HPより)

※常時使用する従業員の考え方...事業者と雇用契約を交わしている方

ただし、以下の方は「常時使用する従業員」に含めないものとする。
1.会社役員(ただし、従業員との兼務役員を除く)
2.個人事業主本人(専従者(家族従業員)を除く)
3.パート労働者で以下に該当する者
〇日々雇い入れられる者
〇2カ月以内の期間を定めて雇用される者
〇季節的業務に4カ月以内の期間を定めて雇用される者
〇「1日または1週間の労働時間」および「1カ月の所定労働日数」が、フルタイムの基幹的な働き方をしている従業員の4分の3以下である者

補助対象経費

令和2年4月1日以降に行った感染拡大防止に係る施設改修費の実費

(例)飛沫飛散防止スクリーン、社会的距離(ソーシャル・ディスタンス)の確保のための床表示、感染拡大防止のための壁や開口部の改修工事

※機器の設置や消耗品(消毒用アルコールやマスク)の購入は対象外となります

補助率・補助限度額

補助率:3分の2

補助限度額:1事業所あたり10万円 かつ 1事業者あたり30万円

※大分市内の事業所に施設改修等を行う場合に限ります

      

(以下、計算例)

パターン1...申請者(1事業者)が1事業所を所有し、改修費に18万円を要した場合

→18(万円)×3分の2(補助率)=12万円となり、1事業所あたりの補助限度額となる10万円が補助額となる。

 

パターン2....申請者(1事業者)が2事業所を所有し、改修費にそれぞれ18万円、12万円を要した場合

→18(万円)×3分の2(補助率)=12万円となり、補助限度額となる10万円が補助額となる(1)

→12(万円)×3分の2(補助率)=8万円となり、補助限度額より低い8万円が補助額となる(2)

→(1)+(2)より、10万円+8万円=18万円が補助額となる。

 

パターン3....申請者(1事業者)が5事業所を所有し、改修費にそれぞれ12万円を要した場合

→12(万円)×3分の2(補助率)=8万円となり、補助限度額より低い8万円が補助額となる(1)~(5)

→(1)+(2)+(3)+(4)+(5)より、8万円×5=40万円となり、1事業者あたりの補助限度額となる30万円が補助額となる。

必要書類 ※申請様式等は下記よりダウンロード可能

 1.補助金交付申請書兼実績報告書(様式第1号)

2.会社の定款の写し、またはこれに類する書類(法人登記簿、営業許可書、開業届、確定申告書の写し等)

以下の内容が確認できる書類を添付すること

※本店が市内にあること

※大分市内の事業所であること(複数の事業所がある場合はその数が確認でき、かつ申請者との関係性が確認できること)

※中小規模事業者であること(業種や資本金、従業員数等が確認できること)

3.誓約書

4.収支決算書

5.領収書の写し、その他事業に要した費用を確認することができる書類

6.補助対象事業の実施を確認することができる写真

7.補助金に係る消費税等仕入税額控除確認書(補助対象経費に消費税を含めない場合)
※対象経費に消費税を含めたい場合は、消費税の確定申告書の写し等別途書類を求めます

8.本店が市内にあることおよび常時使用する従業員の数の確認書(個人事業主の方のみ

 ※その他書類の提出を求める場合があります。あらかじめご了承ください。

申請方法

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため上記書類を原則、郵送にてお送りください。(※窓口申請も可)

(送付先)〒870-8504 大分市荷揚町2番31号 大分市役所 開発建築指導課宛

申請期間

令和2年5月11日(月曜日)~令和2年12月18日(金曜日)(必着)

注意事項

1.補助金は予算の上限に達し次第終了となる場合があります。

2.申請書類の審査には時間を要する場合があります。あらかじめご了承ください。

ダウンロード一覧

申請様式その1(様式第1号・請求書・誓約書・委任状・仕入消費税控除確認書)(ワード:52KB)

申請様式その2(収支決算書)(エクセル:11KB)

申請様式その3(本店が市内にあることおよび常時使用する従業員の数の確認書(個人事業主用))(ワード:21KB)

 

申請様式その1(様式第1号・請求書・誓約書・委任状・仕入消費税控除確認書)(PDF:94KB)

申請様式その2(収支決算書)(PDF:7KB)

申請様式その3(本店が市内にあることおよび常時使用する従業員の数の確認書(個人事業主用))(PDF:38KB)

 

申請様式 記入例(PDF:154KB)

本店が市内にあることおよび常時使用する従業員の数の確認書(個人事業主用) 記入例(PDF:41KB)

 

大分市感染予防対策施設改修支援事業費補助金 パンフレット(PDF:419KB)

補助金受領までの流れ・添付図書一覧(PDF:270KB)

リンク先

新型コロナ対策に関する情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市計画部開発建築指導課 

電話番号:(097)537-5635

ファクス:(097)534-6201

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る