ここから本文です。

報道発表資料

第28回 まちづくり情報カフェを開催します

  • 発表日:令和2年2月14日
  • 担当課:まちなみ企画課
  • 担当者:生山(まちづくり情報プラザ常勤)
  • 電話番号:097-544-5613

まちづくり情報プラザ(J:COM ホルトホール大分1階)では、各種のまちづくりや関連する業務に取り組んでいる団体等に、活動の事例や経験談等を講演していただき、活動への支援や市民の情報交流や学習の場に繋げていくことを目的に「まちづくり情報カフェ」を開催しています。
このたび、第28回まちづくり情報カフェを開催しますのでお知らせします。

日時

2月28日(金曜日)午後6時~7時30分(午後5時30分開場)

場所

J:COMホルトホール大分3階 302会議室

定員

72人(当日先着順)

内容

題目

大分市の街並みを見つめて~写真でみる大分市の移り変わり~

講師

栗林 伸幸(クリバヤシ ノブユキ)氏

講演概要

昭和40年、高校入学時から大分の街並みや乗り物をカメラに収めてきました。

当時から九州の経済は「西高東低」と言われ、西軸の福岡ー熊本ー鹿児島ラインに大きく後れを取っていました。これを打破するために大分県が取った政策が重工業を誘致し工業化を図ることで、これが功を奏し新産業都市の指定を受けた大分市は昭和40年からの5年間で人口の伸び率も九州ナンバーワンを記録。人口増を当て込んで中心街にはいくつもの大型量販店が進出し、建設ラッシュに伴い街並みは大きく変化しました。

変わりゆく大分市の街並みの写真を見ながら、高度成長に伴って急成長する昭和40年代以降の姿を振り返ってみたいと思います。

その他

申込不要、入場料無料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市計画部まちなみ企画課 

電話番号:(097)585-6004

ファクス:(097)534-6120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る