ホーム > くらし・手続き > 住まいに関する情報 > 市営住宅の申し込み > 新型コロナウイルス感染症の影響による学生等への市営住宅の提供について

更新日:2020年5月26日

ここから本文です。

 

新型コロナウイルス感染症の影響による学生等への市営住宅の提供について

新型コロナウイルス感染症の影響でアルバイト収入等が激減し住宅に困窮する学生等への支援策として市営住宅を提供します。

1.入居対象者

  • 新型コロナウイルス感染症の影響で仕送りやアルバイト収入等が減少し住宅に困窮する県内の大学、大学院または短期大学(以下「大学等」という。)に在籍する学生または留学生(以下「学生等」という。)
  • 大学等の推薦がある者
  • 地域との交流を積極的に図り、共同生活に協調できる者
  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員でない者

 

2.使用住宅および使用者数  

  • 使用住宅 敷戸東住宅(間取り3K)
  • 1戸当たりの使用者数 3人以内

 

3.使用料、使用期間等

  • 使用料 1戸につき6,000円(光熱水費および共益費(自治会費等)は自己負担)
  • 敷金 不要
  • 使用期間 原則、1年以内
  • 設備 電灯器具、シャワー、ガスコンロ完備

 

4.入居申請に必要なもの

  •  大学等に提出するもの
  1. 学生向け宿舎に係る市営住宅使用許可申請書
  2. 誓約書
  3. 保証人等に関する書類
  4. 学生等がアルバイト等に勤務している場合は、事由が発生した月を含む3カ月分の収入が確認できる書類
  • 市長へ提出するもの
  1. 関係書類に大学等の推薦書を添付して市長へ提出

 

5.相談窓口

大分市土木建築部住宅課管理担当班

電話番号 097-537-5977

 

お問い合わせ

土木建築部住宅課 

電話番号:(097)537-5634

ファクス:(097)536-5896

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る