ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 大分市の広報 > 報道発表資料 > 平成27年度発表分 > 3月(2015年度(平成27年度)発表分) > 既成宅地防災工事等に要する資金の助成制度を見直します

ここから本文です。

報道発表資料

既成宅地防災工事等に要する資金の助成制度を見直します

  • 発表日:平成28年3月31日
  • 担当課:河川課
  • 担当者:野崎・奈須
  • 電話番号:097-537-5632(内線1744)

危険ながけ地の崩壊による被害を防止し、災害から市民の生命を守るため、平成18年度から「既成宅地防災工事等」に要する資金の助成を実施していますが、より利用しやすい制度とするため、一部助成率の引き上げ等を行います。

主な変更点

対象戸数1戸の場合の助成率を、10分の8に引き上げました。(従来は10分の5)

施行日

平成28年4月1日

助成制度の概要

大分市既成宅地防災工事等助成事業

危険ながけ地の崩壊を防止するために行う防災工事について、これにかかる費用について一部助成を行います。

助成の対象

自然がけ、がけ高おおむね5メートル以上、がけの勾配30度以上、対象戸数1戸~4戸

注)5戸以上は県防災事業の対象となります。

助成金額

助成率 10分の8(1戸~4戸)

限度額 1戸当り600万円

ダウンロード

お問い合わせ

土木建築部河川・みなと振興課 

電話番号:(097)537-5632

ファクス:(097)532-7545

ページの先頭へ戻る