ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 大分市の広報 > 報道発表資料 > 令和元年度発表分 > 5月(令和元年度発表分) > 「田ノ浦びわ」出荷報告のためビワ生産者が大分市役所を訪れます

ここから本文です。

報道発表資料

「田ノ浦びわ」出荷報告のためビワ生産者が大分市役所を訪れます

  • 発表日:令和元年5月24日
  • 担当課:生産振興課
  • 担当者:中村・角
  • 電話番号:097-537-5770(内線2438)

大分市の特産果樹である「田ノ浦びわ」の出荷が最盛期を迎え、田ノ浦地区のビワ生産者が市長室を訪れ、今年度の作柄の報告とPRを行います。

日時

6月6日(木曜日)午前9時30分~50分

場所

市役所本庁舎3階市長室

出席者

田ノ浦自治会長 星野明彦(ほしのあきひこ)、JAおおいた大分市枇杷部会部会長 阿部宏明(あべひろあき)、副部会長 上原郁(うえはらかおる)、佐藤市長ほか

JAおおいた大分市枇杷部会の概要

部会員:42人

栽培面積:約12ha

栽培地区:田ノ浦(大分市大字神崎)

出荷見込み数量:約20トン

主要出荷先:大分、京都、大阪

作柄:本年度の「田ノ浦びわ」は、暖冬で寒害の影響がなく生育期の天候にも恵まれ平年並みの収量が見込まれており、甘さと酸味のバランスのとれた味になっています。

その他:

市民を対象に「ビワ栽培の体験農業」を実施中です。(約30組参加)

市の事業を活用して需要の高い品種(なつたより)への改植を進めています。

お問い合わせ

農林水産部生産振興課 

電話番号:(097)537-5629

ファクス:(097)536-0299

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る