ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 大分市の広報 > 報道発表資料 > 令和元年度発表分 > 2月(令和元年度発表分) > 第51回大分県農業賞受賞者が市長を表敬訪問します

ここから本文です。

報道発表資料

第51回大分県農業賞受賞者が市長を表敬訪問します

  • 発表日:令和2年2月28日
  • 担当課:農政課
  • 担当者:長藤・田中
  • 電話番号:097-537-7025(内線2418)

2月12日に開催された第51回大分県農業賞表彰式において受賞された受賞者が、受賞報告のため市長を表敬訪問します。

日時

3月4日(水曜日)午前10時40分~11時

場所

大分市役所 本庁舎3階 市長室

出席者

有限会社香飛農園 代表取締役 椎原 荘氏
企業組合戸次ごんぼの会 代表理事 金子ひとみ氏
企業組合戸次ごんぼの会 理事 藤田泰子氏
企業組合戸次ごんぼの会 理事 工藤 久美子氏
JAおおいた 常務理事 藤田洋一氏
JAおおいた中西部事業部 園芸1課 課長 安東 英二氏

(大分市) 佐藤市長、農林水産部 重松審議監ほか

賞の概要

大分県農業賞は、本県農業の振興を目的として、先進的な農業技術の導入や経営の合理化等を図り、企業的な農業経営を行っている個人および法人、産地の育成やおおいたブランドの構築に貢献している団体、集落営農やむらづくり活動に積極的に取り組んでいる団体、ならびに担い手の模範となる若手経営者等を表彰するもので、昭和44年度から実施しており、今回で51回を迎えています。

受賞者

【先進的法人経営部門】
特別賞:有限会社香飛農園(代表取締役 椎原 荘氏)

【生産・銘柄産地・6次化部門】
特別賞:企業組合戸次ごんぼの会(代表理事 金子ひとみ氏)

受賞理由

有限会社香飛農園(先進的法人経営部門 特別賞)

昭和50年ににら経営を開始し、平成17年に法人化しました。低地で大雨時には冠水被害が発生する地区ではありますが、冠水被害を受けたとしても適切な管理を行うことで再度収穫が可能なにら栽培に取り組んだ結果、大規模経営を実現しました。
先進的農業機械の導入や既存農業機械の大型化等により規模拡大を図り、トップクラスの経営面積となり、法人農業所得率は32.8%で、大分県の経営管理指標18.2%を大きく上回る水準となっています。
JAおおいた中央にら部会において役員を務めた経歴を有し、部会の発展に大きく貢献するとともに、地域農業の担い手育成に積極的に取り組んだこと、さらには、にらの生産技術向上に向けた助言を行い、大分にらの発展に貢献したことなどが評価されました。

企業組合戸次ごんぼの会(生産・銘柄産地・6次化部門 特別賞)

戸次婦人会、任意団体「戸次ごんぼの会」を経て、平成28年に「企業組合戸次ごんぼの会」を設立しました。
地域特産の「戸次ごぼう」を使用した商品開発に取り組み、「戸次のごぼまん」「戸次のごんぼ茶」は、大分市ブランドに認証され、年々売上げを伸ばしています。同時に戸次ごぼうの買取量も増加している状況にあります。
ごぼうの加工品を通じた「戸次ごぼう」の知名度アップおよび産地の維持に貢献したこと、女性が働く場を創出したことなどが評価されました。

その他

各受賞者についてのお問い合わせは、以下の担当者へご連絡ください。

有限会社香飛農園:生産振興課 玉衛(097-537-5770 内線2437)
企業組合戸次ごんぼの会 :農政課 長藤(097-537-7025 内線2418)

お問い合わせ

農林水産部農政課 

電話番号:(097)537-5628

ファクス:(097)534-6176

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る