ホーム > 仕事・産業 > 農林水産業 > 農業・農畜産物 > 農業体験・学習・ふれあい > 援農かっせ隊に「野良レンジャー」が加入しました

更新日:2011年11月17日

ここから本文です。

援農かっせ隊に「野良レンジャー」が加入しました

本市では、「まるごと田舎暮らし協働体験事業」として、野津原地区の認定農業者の団体(野津原のびるの会)を受入先とした「援農かっせ隊」という登録ボランティア制度を創設し、農作業を実体験していただくことで、都市に住む方々と農村部との交流、地域の振興を図っています。

その「援農かっせ隊」に、吉本興業(株)所属の「野良レンジャー」が10月11日付けで加入しました!

かっせ隊登録のため、来庁した野良レンジャーの画像
産業振興課にて登録を済ませた後で記念撮影

吉本興業(株)では、「あなたの街に住みますプロジェクト」という企画を立ち上げ、「住みます芸人」として、全国47都道府県全てに所属芸人を居住させ、「街や地域を元気にする」企画を実現するためのさまざまなお手伝いをしています。

大分県では地元出身の「野良レンジャー」「住みます芸人」になっており、今回、何か地域のためのお手伝いをしたいとの申し出があったため、コンビ名の「野良レンジャー」「野良=野良仕事=農業」「レンジャー=助ける」と言う発想から、農業ボランティアにピッタリではないかと、「援農かっせ隊」への加入を提案したところ、ぜひ参加したいとの回答をいただきました。
2人は「援農かっせ隊」への登録を済ませ、早速先月中旬に「野津原のびるの会」の会長である、宿名さんの農場で、午前中は椎茸の収穫作業、昼食をはさんで午後からは稲刈りの手伝いをしました。

椎茸の収穫を行う野良レンジャーの画像
椎茸の収穫は、足場の悪い斜面での大変な作業でしたが、楽しみながら頑張りました。

収穫した、たくさんの椎茸の前でポーズをとる野良レンジャーの画像
立派な椎茸が大きなザルに30杯以上も収穫出来ました。

昼食をとりながら、談笑する野良レンジャーの画像
昼食は、宿名さん夫妻と談笑をしながら、大きないなり寿司、おはぎなどに舌鼓み

収穫した米を運搬する野良レンジャーの画像
機械の扱いを教えてもらいながら、力仕事も頑張りました。

作業が終わり、達成感からガッツポーズをとる野良レンジャーの画像
作業終了後、達成感からおもわずガッツポーズ!

受入農家の宿名夫妻と握手をする野良レンジャーの画像
最後に宿名さん夫妻と記念撮影 再会を約束しました。

農作業の模様は、2人が毎日午後10時から放送している吉本興業(株)のインターネットテレビ(よしもとネタネットワーク YNN)の中で紹介されました。

テレビ出演や毎月府内町のライブハウスで行っているお笑いライブなどで、大変多忙な2人ですが、今後も積極的な参加を約束してくれています。
現在「援農かっせ隊」の登録隊員数は約180名ですが、高齢の方の比率が高いため、力仕事などを手伝ってくれる、若いヤル気のある人材を求めています!「野良レンジャー」と一緒に農業を体験し、さわやかな汗を流してみませんか?

課長と野良レンジャーの画像

関連情報

お問い合わせ

農林水産部農政課 

電話番号:(097)537-5628

ファクス:(097)534-6176

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る