ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 大分市の広報 > 報道発表資料 > 令和5年度発表分 > 4月(令和5年度発表分) > 「おおいたの幸」ブランド化支援事業補助金の申請者を募集します

ここから本文です。

報道発表資料

「おおいたの幸」ブランド化支援事業補助金の申請者を募集します

  • 発表日:令和5年4月13日
  • 担当課:農政課
  • 担当者:岡部・南
  • 電話番号:097-537-7025(内線2418)

令和5年度「おおいたの幸」ブランド化支援事業補助金の申請者を募集します。
同補助金は、大分市における6次産業化や農商工連携等の促進を図るため、大分市産農林水産物等を活用した加工品の研究・開発・販路拡大の取り組みを支援するものです。
※今年度より、大分市西部海岸地区憩い・交流拠点施設「たのうらら」での販売を目指し、大分市西部地区産品目を活用した商品開発を支援する「西部海岸施設枠」を設けます。

募集(事前相談)期間

4月17日(月曜日)~6月9日(金曜日)

※今回の募集で予算に達しなかった場合は、第2回募集を行います。

補助対象者

  • 加工品を製造し、または販売する者、またはその予定の者
  • 食品の販売をする者にあっては、当該食品の表示内容に責任を有する者として表示されている、または表示される予定の者  等の条件を満たすもの

補助要件

  • 大分市産の農林水産物等の地域資源を活用した取り組みであること
  • 成果が本市の産業振興に寄与するものであること
  • 商品化促進支援事業において開発された商品については、ラベルもしくはパッケージ等に、本市内産の地域資源を使用していることが分かるように表記すること

令和5年度大分市6次産業化推進品目

いちご(ベリーツ)、あじ、おおいた香り野菜(大葉、みつば、せり、パセリ)

※これらの品目を活用する事業は補助率または補助金額が上がります。

募集対象事業・内容

事業内容

※1大分市6次産業化推進品目を活用した研究開発の場

※2大分市6次産業化推進品目の活用、または菓子の商品開発の場合

※3大分市西部海岸地区憩い・交流拠点施設(たのうらら)での販売を目指し、大分市西部地区産品目を活用した商品開発

審査方法

書類審査

申請方法

1.募集期間内に事前相談。(担当者に連絡のうえ、相談日時を決定。事前相談がない場合は、受付できません。)

2.相談後、提出期限(6月16日(金曜日)午後5時15分(必着))までに必要書類を提出。

3.提出後、電子データをメールにて大分市農政課(nosei3@city.oita.oita.jp)宛送付。

【提出先】

〒870-8504大分市荷揚町2番31号
大分市農林水産部農政課(大分市役所本庁舎8階)
電話(直通):097-537-7025

ダウンロード

おおいたの幸ブランド化支援事業補助金リーフレット(PDF:169KB)

おおいたの幸ブランド化支援事業募集要領(PDF:444KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部農政課 

電話番号:(097)537-7025

ファクス:(097)534-6176

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る