ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 観光ガイド > 【フェリー一時停止】貸切バス・フェリーによる旅行商品造成を支援します

更新日:2022年1月13日

ここから本文です。

【フェリー一時停止】貸切バス・フェリーによる旅行商品造成を支援します

コロナ禍で利用が伸び悩んでいる貸切バスおよび旅客フェリーの運行事業者を支援するとともに、市内への誘客により観光需要の喚起を図るため、新型コロナウイルス感染症対策を講じたうえで実施する本市等を目的地とした旅行商品を造成する事業者に対して、利用実績に応じた支援を行います。

※支援対象の商品になるか事前の協議が必要となります。

※愛媛県在住者の新しいおおいた旅割を利用した新規予約受付の一時停止に伴い、1月13日よりフェリーを利用した旅行商品についても一時停止します。

支援対象者

  1. 大分市内に本店、支店または営業所を置く旅行業法第6条の4第1項に規定する旅行業者
  2. 大分市内に営業所を置く道路運送法第9条の2第1項に規定する一般貸切旅客自動車運送事業者
  3. 大分市内に本店または支店、営業を置く海上運送法第8条に規定する一般旅客定期航路事業者

支援対象事業と支援金額

下記に定める交通機関の区分に応じ、要件を満たす募集型企画旅行にかかる旅行商品(運送サービスを自ら提供し、これに旅行業法(昭和27年法律第239号)第2条第1項第2号に規定する運送等関連サービスの手配を付加したプランを含む。)を造成し、催行した場合に支援をします。

※ワクチン・検査パッケージを実施するプランを対象とします。

1事業者当たり限度額:100万円

区分 要件 補助金の額
貸切バス利用 宿泊あり
  • 市内を発着すること。
  • 大分都市広域圏内の宿泊施設を利用すること。

バス1台あたり50,000円

参加者1人あたり1,000円

日帰り
  • 市内を発着すること。
  • 大分都市広域圏内の観光施設等に2カ所程度立ち寄ること。
  • 旅程がおおむね6時間以上であること。

バス1台あたり30,000円

参加者1人あたり1,000円

フェリー利用 宿泊あり
  • 市内の宿泊施設を利用すること
参加者1人あたり2,000円
日帰り(船内泊含む)
  • 市内の観光施設等に2カ所程度立ち寄ること。
  • 旅程がおおむね6時間以上であること。

参加者1人あたり1,000円

(備考)

  1. 支援対象事業を行う場合にあっては、以下の事業所が運行する貸切バス・フェリーを利用することとします。
    • 大分市内に営業所を置き、一般貸切旅客自動車運送事業を営む事業所
    • 大分市内に本店または支店、営業所を置き、一般旅客定期航路事業を営む事業所
  2. 大分都市広域圏とは、大分市、別府市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後大野市、由布市および日出町の区域をいいます。
  3. 観光施設等とは、観光施設、土産物店、飲食店等をいいます。(シェアサイクルなどの体験ツアー等も含む。)
  4. 単なるトイレ休憩による立寄りは対象とはなりません。

受付期間

  旅行対象期間 申請受付期間
前期 令和3年7月15日(木曜日)~令和3年10月31日(日曜日) 令和3年7月1日(木曜日)~令和3年10月15日(金曜日)
後期 令和3年11月1日(月曜日)~令和4年2月28日(月曜日) 令和3年10月18日(月曜日)~令和4年2月10日(木曜日)

旅行期間ごとに申請を受け付けますが、予算は前期、後期共通の枠で実施します。前期で交付決定額が予算額に達した場合は、その時点で受付を終了します。

ワクチン検査パッケージの導入について

支援対象となる旅行商品については、ワクチン・検査パッケージを適用します。

本支援事業を申請する際に、「ワクチン・検査パッケージに関する誓約書」をご提出ください。

新しいおおいた旅割を併用する際は、「新しいおおいた旅割(隣接県拡大・ワクチン検査パッケージ版)誓約書」の写しでも可とします。

適用期間

フェリーを利用した旅行商品:令和3年12月10日~令和4年2月28日催行分

貸切バスを利用した旅行商品:令和4年1月1日~令和4年2月28日催行分

 

支援金の申請・受け取りに必要な書類

交付申請(実施前)

支援金交付申請書(様式第1号)

事業計画書

収支予算書

事業内容が分かる資料(参加予定人数、旅行代金、行程等が分かるもの)

誓約書

ワクチン・検査パッケージに関する誓約書

新しいおおいた旅割を併用する際は、「新しいおおいた旅割(隣接県拡大・ワクチン検査パッケージ版)誓約書」の写しでも可とする。

その他市長が必要と認める書類

実績報告(実施後)

支援金支援事業実績報告書(様式第5号)

事業報告書

収支決算書

事業内容や実施状況が確認できる書類(乗務記録(運転日報)等)

貸切バス・フェリーを利用したことが分かる書類の写し(市内バス事業者発行の請求書等)

ツアー参加者名簿

宿泊証明書(宿泊を伴うプランの場合)

その他市長が必要と認める書類

請求(支援金額確定通知書が届いた後)

支援金交付請求書(様式第8号)

その他様式等

その他

  1. 新型コロナウイルス感染症への対策については、関係業界が定めたガイドラインに基づき適切な対応を行ってください。
  2. 新型コロナウイルス感染症の感染状況が悪化した場合、本事業を一時中断することもあります。フェリーを利用した商品については、出港する府県の感染状況も勘案します。
  3. 募集チラシ等には「大分市貸切バス・フェリー応援プラン」を明記してください。
  4. 支援事業に係る経費の収支を明らかにした書類および帳簿を整備していただき、支援事業が完了した日の属する年度の翌年度の初日から起算して5年間保管をお願いします。
  5. ワクチン・検査パッケージの取扱いについては、基本的には「新しいおおいた旅割におけるワクチン・検査パッケージ取扱いマニュアル」を準用します。

お問い合わせ先  

  • 電話番号:097-537-7043(観光課直通)
  • 対応時間:午前8時30分~午後5時15分(土日祝を除く)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る