ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 観光ガイド > 大分の観光 > お知らせ・募集 > 石丸謙二郎さんが語る「大分市観光ナレーション」の受賞作品が決定しました!

更新日:2016年9月13日

ここから本文です。

石丸謙二郎さんが語る「大分市観光ナレーション」の受賞作品が決定しました!

8点の公募受賞作品、そして石丸謙二郎さん制作の
特別賞作品が決定しました

 

石丸謙二郎さんの画像

現在、JR博多駅と大分駅を結ぶ「特急ソニック」内において、大分市出身の俳優である石丸謙二郎さんをナレーターとした「大分市観光ナレーション」を放送しています。

石丸さんの情感溢れる声で語られるこのナレーションは、福岡方面から大分市へ向かう際に本市の玄関口となる、高崎山付近で流れ、大変好評をいただいています。

この度、新たなナレーションを制作するにあたり、より皆さまに大分市に興味を持っていただきたいと考え、10月31日から12月7日までの期間で原稿を公募しました。

年齢層は9歳から88歳まで、最も遠い所では京都府からなど、幅広く集められた139点の中から審査した結果、下記の作品が「受賞作品」に決定しました!

審査風景の画像1

審査風景の画像2

審査風景の画像3

※大分駅構内の駅長室(通称 ガラス張りの駅長室)で行われた、原稿の最終確認の様子

(いずれも左から釘宮市長 幸重観光協会会長 工藤大分駅長)

また、なんと特別審査員でナレーターである石丸謙二郎さん御本人からも、ふるさと大分への愛着を込めた作品をいただき、「特別賞作品」に決定しました!

公募受賞者発表(順不同)

受賞された皆様、おめでとうございます。

  • 「高崎山のサル酒」福岡県北九州市 笠置 博文さん 四十五歳
  • 「坂本龍馬が歩いた道」大分県大分市 小幡 博美さん 五十七歳
  • 「西洋文化の香る街 大分」大分県大分市 男性 五十代
  • 「大分の二度泣き」大分県大分市 照屋 大樹さん 二十四歳
  • 「大分の方言」大分県大分市 女性 二十代
  • 「高崎山とうみたまご」福岡県福津市 大庭 也寸志さん 五十三歳
  • 「おおいたの宝物」福岡県福岡市 赤星 文生さん 五十八歳
  • 「南蛮文化はじまりの地」大分県臼杵市 稗田 智美さん 五十二歳

個人情報は了解をいただいた方を除き、一部のみを掲載しております(年齢は応募時)。

※受賞者の方には事前にご連絡させていただいております

公募受賞作品原稿

公募受賞作品8点(PDF:216KB)

特別賞作品

「大分の方言 いっすんずり」石丸 謙二郎さん

(特別審査員・ナレーター)

特別賞作品の内容については、特急ソニック内だけの公開とさせていただきます。

御乗車の機会にお楽しみください。

審査員コメント(敬称略)

  • 特別審査員・ナレーター 石丸 謙二郎
    他県に旅をすると、その地の方言を一つでも覚えたくなるものです。そんな旅情を思い起こすものがあれば、大分市の代表的観光地である高崎山を、違った目で紹介するユニークなものもあり、多くの素晴らしい作品に触れることができました。
  • 特別審査員 指原 莉乃
    大分に住んでいた私ですが、作品の中には初めて聞くようなお話もありました。
    みなさんの思いが詰まった、こんな素敵な車内放送が聞けるのは、きっと大分だけだと思います。大分市へお越しの方は、ぜひ耳を傾けてくださいね。
  • 審査員 大分駅長 工藤 真治
    大友宗麟や南蛮文化といった大分市の歴史や、関あじ・関さばなどの豊かな食文化に触れた作品が多くあったのが、印象に残りました。雄大な別府湾と高崎山を背景に流れるこのナレーション、皆様の「列車の旅」の、良き思い出の一つになれば幸いです。
  • 審査員 大分市観光協会会長 幸重 綱二
    私の中で「最終候補」に残った作品はいずれも素晴らしく、甲乙付けがたいものばかりでした。きっとそれぞれの視点から見る大分市が、どれも魅力的だったからでしょう。これから大分市にいらっしゃる方もぜひ、あなただけの大分市の魅力を探してみてください。
  • 審査員 大分市長 釘宮 磐
    オーソドックスな作品・バランスの良い作品・素直に「おもしろい」と感じる作品など、数多くの作品に巡りあいました。この場を借りて、県内外から作品をお寄せいただいた多くの皆様にお礼申し上げるとともに、皆様の大分市へのお越しを、心よりお待ちしております。

放送について

放送場所:JR九州 特急ソニック車内放送 下り線 高崎山付近

放送開始:平成25年2月8日(金曜日)から

放送時間:午前10時から午後5時までの間

放送時間は目安です。運行状況により放送されない場合があります。
また、どの作品が流れるかはランダムとなっておりますので、ご了承ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部観光課 

電話番号:(097)537-7043

ファクス:(097)537-5670

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る