ホーム > 仕事・産業 > 雇用・労働 > 事業主 > ワクチン接種に関する偏見や差別をなくしましょう

更新日:2021年9月14日

ここから本文です。

ワクチン接種に関する偏見や差別をなくしましょう

新型コロナワクチンの接種は強制ではなく、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていないことを理由に、職場において解雇、退職勧奨、いじめなどの差別的な扱いをしたりすることは許されるものではありません。
特に、事業主・管理者の方におかれては、接種には本人の同意が必要であることや、医学的な事由により接種を受けられない人もいることを念頭に置いて、接種に際し細やかな配慮を行うようお願いいたします。

ワクチン接種に関する偏見や差別を起こさないために、下記項目などについて改めて事業所内でご確認ください。

  • 接種に関しては、本人の意思に委ねられることが大前提である。
  • 本人が知られたくないワクチン接種に関する個人情報は、他の人に知らせない。
  • 従業員の接種状況に関する外部からの問い合わせについては「個人の特定につながる恐れのある問い合わせには答えられません」といった対応をとる。
  • 「ワクチン接種するのは当然だ」といった雰囲気が醸成されていないか。
  • 「接種しないのであれば、ここでは働けない」 といった発言や、「(接種していない人に対して)何で打たないの?」といった同調圧力がはたらくような発言はないか。

※厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A」にも、ワクチン接種に関する偏見や差別について記載されています。詳細は下記リンクをご覧ください。

【厚生労働省ホームページ】新型コロナウイルスワクチン接種が、地域・職域で進んでいます。一方でワクチン接種を受けていない人に対する偏見・差別事例があるとも聞きます。私たちは、どういった点に注意して行動すべきなのでしょうか。(別ウィンドウで開きます)

また、感染を広げない対策として、社員や従業員またはその家族が、感染したもしくは濃厚接触者等となった事実が職場に早く伝えられることが大切であり、そのためには安心して伝えることができる職場の雰囲気づくりが必要です。「感染は誰にでも起こりうる」という認識のもと、従業員等が感染した場合に、感染者やその家族の思いに寄り添い対応することを発信することで、事実を安心して伝えることができるという雰囲気の醸成へとつながり、組織内での偏見や差別の抑止にもつながります。ぜひご自身の職場で、認識や姿勢の共有をお願いします。

お問い合わせ

商工労働観光部商工労政課 

電話番号:(097)537-5964

ファクス:(097)533-9077

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る