ホーム > 仕事・産業 > 雇用・労働 > 事業主 > 従業員を介護離職させないため「介護プランナー」が無料支援します

更新日:2019年8月28日

ここから本文です。

従業員を介護離職させないため「介護プランナー」が無料支援します

仕事と介護の両立支援のノウハウを備えた「介護プランナー」無料で職場環境整備をお手伝いします。

従業員の方が離職することなく仕事と介護を両立するには会社の支援が必要です。

介護は予測無く突然訪れます。

従業員からの介護の相談・退職の申し出に困らないよう、今のうちに従業員への支援体制を整えておきましょう。

概要

厚生労働省では、従業員が介護を理由に離職することなく、継続して働き続けられるよう、企業として取り組みを行いたいとお考えの事業主の方のもとへ、「介護プランナー」が無料最大4回まで訪問支援し、「介護支援プラン」策定のアドバイスを行っています。

詳しくはこちらのリーフレット(PDF:7,116KB)をご覧ください。

介護プランナーとは

仕事と介護の両立支援ノウハウを持つ社会保険労務士・中小企業診断士などの専門家です。

事業主から労働者に向けた支援方法について、アドバイスします。

介護支援プランとは

介護に直面した従業員が、仕事と介護を両立しながら安心して働くことができるよう、事業主が取り組みを策定するプランです。

介護休業を取得する場合だけでなく、短時間勤務を行うなど、仕事と介護の両立を図るための方法等にも対応しています。

支援の申込みと「介護支援プラン」の流れ

すでに介護に直面している従業員がいる場合

  1. 企業が従業員から介護の相談を受ける
  2. 介護プランナーの支援申込み&プランナーに支援を受ける
  3. 企業が職場環境の整備に取り組む
  4. 企業が介護支援プランを策定し、取り組みを実行する
  5. 対象従業員が介護休業に入る
  6. 対象従業員が職場に復帰する  ※対象従業員が時差出勤制度などを利用し勤務を続け、企業は面談などを行いながら対象従業員をサポートする

介護に直面している従業員がいない場合

  1. 介護プランナーの支援申込み&プランナーに支援を受ける
  2. 事業主・担当者が体制作りを検討
  3. 企業が職場環境の整備に取り組む
  4. 企業が介護支援プランを策定し、取り組みを実行する

申込方法

下記ホームページの申込みフォーム、または下記お問い合わせ先へお電話でお申込みください。

厚生労働省 「厚生労働省委託事業 中小企業のための育児・介護支援プラン導入支援事業」(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

株式会社パソナ(厚生労働省より受託・運営)

育児・介護支援プロジェクト事務局

電話番号:03-5542-1740 (月~金曜日 午前9時~午後5時30分)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部商工労政課 

電話番号:(097)537-5964

ファクス:(097)533-9077

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る