ホーム > イベントカレンダー > おおいたデザイン・エイド2018 トークイベント 色部義昭氏講演会を開催します!

ここから本文です。

更新日:2019年1月4日

おおいたデザイン・エイド2018 トークイベント 色部義昭氏講演会を開催します!

色部氏

大分市では、クリエイティブ産業の裾野拡大・市内クリエイターの育成・クリエイターの発想や技術を活用した市内中小企業等の販路拡大を目的に、「おおいたデザイン・エイド2018」を実施しています。

講演テーマ「目印と矢印〜グラフィックデザインができること〜」

目印=ロゴデザインなどの認識のための旗印
矢印=人を誘導するサインデザインや情報発信による誘導等

グラフィックデザインの役割と価値(グラフィックデザインにできること)を、色部氏がこれまで手がけてきたマーク、ロゴ、パッケージデザイン、サインなど具体的な事案を例に解説していただきます。
目印と矢印という単純な言葉でデザインを捉え直し、「デザインができること」を分かりやすくご講演いただきます。


《講師》
株式会社日本デザインセンター
色部デザイン研究室主宰 色部 義昭氏
〈プロフィール〉
グラフィックデザイナー/アートディレクター
1974年千葉県生まれ。
東京藝術大学大学院修士課程修了後、株式会社日本デザインセンターに入社。
原デザイン研究所の勤務を経て、2011年より色部デザイン研究室を設立。東京藝術大学非常勤講師。
主な仕事にOsaka MetroのCI(コーポレートアイデンティティ)、国立公園ブランディング、草間彌生美術館・市原湖畔美術館・富山県美術館・天理駅前広場Cofufunのサイン計画など。「TAKEO PAPER SHOW 2011−本」「富山県美術館の目印と矢印」などの展覧会デザイン、「naturaglacé」「白鶴天空」リキテックスガッシュ・アクリリックプラスパッケージデザインなど、グラフィックデザインをベースに平面から立体、空間まで幅広くデザインを展開。銀座地区サイン実証実験やTOKYO PROJECTなどのプロジェクトに積極的に参画し、公共空間のインフォメーションデザインの機能と質を向上させることについて模索している。
SDA(日本サインデザイン協会)、JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)、東京ADC(アートディレクターズクラブ)、D&AD(Design&ArtDirection)、One Show Designなど国内外のデザイン賞を受賞。AGI会員(国際グラフィック連盟)、東京ADC会員、JAGDA会員。

開催日時

  • 2019年2月10日(日曜日)

午後1時30分~2時30分

場所

iichikoアトリウムプラザ(大分市高砂町2-33 OASISひろば21内)

対象

デザイナー等のクリエイター、企業関係者、学生、一般の方

定員

100名(先着順)

参加費

無料

募集期間

1月8日(火曜日)~2月8日(金曜日)

申込方法

「関連リンク」内の電子申請(大分県電子申請システム)からお申込みいただくか、同じく関連リンク内の「参加応募フォーム」にて必要事項をご確認の上、 電話、ファクス、Eメールまたは郵送で大分市商工労政課までご連絡ください。

電話番号 097-585-6011
ファクス 097-533-9077
Eメール kougyou@city.oita.oita.jp
郵送 〒870-8504 大分市荷揚町2番31号 商工労政課工業振興担当班宛

問い合わせ先

大分市商工労政課(担当:三ノ宮、櫻井)
097-585-6011

Eメール

大分市商工労政課宛

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部商工労政課 

電話番号:(097)585-6011

ファクス:(097)533-9077

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る