ホーム > 子育て・教育 > 保育施設・幼稚園・一時保育等 > 新型コロナウイルス感染症にかかる認可保育施設の対応について

更新日:2021年8月19日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症にかかる認可保育施設の対応について

登園について(令和3年8月17日現在)

  • 発熱や呼吸器症状がみられる場合は、登園を控え、自宅で様子をみてください。
  • 新型コロナウイルス感染症に感染した子どもについては、治癒するまでの間、登園停止となります。
  • 感染者の濃厚接触者と特定された場合には、感染者と最後に接触した日の翌日から起算して14日間の自宅待機となります。
  • 子どもや職員が新型コロナウィルス感染症に感染した場合は、感染拡大防止のため、当該幼児教育・保育施設は臨時休園となる場合があります。休園期間は、保健所による濃厚接触者の範囲の特定や検査に必要な日数・範囲となります(現在は、感染者が発生した後、1~3日の臨時休園を実施してから、再開する例が一般的)。
  • 子どもが保健所より濃厚接触者と判断された場合または発熱など体調不良によりPCR検査を受けられる場合は、速やかに幼児教育・保育施設にご連絡ください。

 

関連情報

保護者の皆様へ(令和3年8月17日現在)(PDF:347KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子どもすこやか部保育・幼児教育課 

電話番号:(097)574-6552

ファクス:(097)533-2611

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る