ホーム > 健康・福祉・医療 > 感染症 > 結核の定期健康診断について

更新日:2020年5月29日

ここから本文です。

結核の定期健康診断について

感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律(以下、「感染症法」)第53条の2第1項の規定により、 学校、病院・診療所、助産所、介護老人保健施設、社会福祉施設等は下記のとおり結核の定期健康診断を実施し、それぞれの所在地を管轄する保健所に報告しなければなりません。

結核の定期健康診断は、結核のり患率が高い者や結核を発病すると周囲に感染させるおそれが高い者等に対する健康診断の実施を義務付けることにより、結核を早期に発見し、集団感染を防ぐことを目的としています。

本市では、感染症法第60条の規定に基づき、市内の私立学校または施設の長が行う結核の定期健康診断に要する費用について、その3分の2を補助しています。

実施義務者および対象者

1.事業者

  • (1)学校(専修学校および各種学校を含み、幼稚園を除く)の業務に従事する者(毎年度)
  • (2)病院、診療所、助産所、介護老人保健施設、社会福祉施設(社会福祉法第2条第2項第1号および第3号から第6号までに規定する施設)において業務に従事する者 (毎年度)

2.学校の長

大学、高等学校、高等専門学校、専修学校、各種学校(修業年限が1年未満の者を除く)の学生または生徒(入学した年度)

3.施設の長

  • (1)刑事施設(拘置所・刑務所等)に収容されている者(20歳に達する日の属する年度以降において毎年度)
  • (2)社会福祉施設(社会福祉法第2条第2項第1号および第3号から第6号までに規定する施設)に入所している者(65歳に達する日の属する年度以降において毎年度)

実施方法

    喀痰検査、胸部エックス線検査、聴診、打診その他必要な検査

申請期限

令和2年7月31日(金曜日)まで

※下記の申請書様式に必要事項を記入の上、大分市保健所保健予防課管理担当班まで持参もしくは郵送で提出してください。

補助金申請の流れ

【申請受付】:大分市保健所保健予防課(保健所2階)にて申請書提出

【審査】:審査後、市長が決定

決定通知を受け、当該健康診断を実施

保健予防課に事業の実績報告後、確定額を交付

※詳細につきましては、下記連絡先までご相談ください。

ダウンロード

申請書様式

報告書様式

請求書様式

交付要綱

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部保健予防課 

電話番号:(097)535-7710

ファクス:(097)532-3356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る