ホーム > 健康・福祉・医療 > 予防接種 > 働く世代の男性(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれ)を対象とした風しん抗体検査、予防接種の実施期間が延長されます

更新日:2022年6月13日

ここから本文です。

働く世代の男性(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれ)を対象とした風しん抗体検査、予防接種の実施期間が延長されます

平成30年の7月以降、首都圏を中心に全国で風しんの患者数が増加したことを受け、これまで公的な風しんの予防接種を受ける機会のなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象に、2019(令和元)年から2022(令和4)年3月までの3年間に限り、風しんの抗体検査および風しんの定期予防接種を実施しておりましたが、2025(令和7)年3月まで期間が延長されます。

まだクーポン券を利用して抗体検査等を受けていない方は、特定健診や事業所健診の際にはクーポン券をご持参いただき、抗体検査を受けてください。

クーポン券について

2019(令和元)年度、2020(令和2)年度及び2021(令和3)年度に届いたクーポン券(有効期限が2020年3月末、2021年3月末または2022年3月末となっているもの)については有効期限が延長されましたので、2023年2月末までご使用いただけます。
なお、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性で、下記の内容に該当する方については、クーポン券を発行いたしますので、ご希望の場合はご連絡ください。

  • 抗体検査または抗体価が低く定期接種の対象となったが予防接種を受けてない方で、クーポン券を紛失された方
  • 大分市外から転入された方で、抗体検査等を受けられていない方

対象者

  • 風しん抗体検査
    昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性(抗体検査を受ける日に大分市に住民登録がある方)
       
  • 風しん定期予防接種
    昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性で、風しんの抗体検査結果が当該事業の抗体価の基準により陰性であった方(予防接種を受ける日に大分市に住民登録がある方)

実施場所

 全国の実施医療機関等で受けることができます。

厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策について」(別ウィンドウで開きます)

大分市の実施医療機関(PDF:443KB)

検査・接種方法について

お届けしたクーポン券を利用して、まず抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方は、定期接種の対象となります。

(検査結果が分かるまでには、日数を要します。)

事前に実施可能な医療機関等をご確認ください。(事前に予約が必要な場合があります)

この抗体検査および定期予防接種を受ける際には、クーポン券とご本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)を忘れずにご持参ください。

また、予防接種を受ける際には、抗体検査の結果(十分な量の抗体がないと確認できるもの)が必要です。

クーポン券を受け取った後に他市町村へ転出した場合は、住民登録のある市町村からクーポン券の再発行を受けてください。

今回の風しん定期予防接種は麻しん・風しん混合ワクチンによる接種となります。

 

費用

 無料   

※クーポン券を持参しない場合は、有料になります。

風しん定期予防接種の対象となる抗体価

 ※風しん定期接種の対象となる抗体価一覧(PDF:35KB)

    (妊娠を希望する女性とその配偶者等を対象とする風しんの抗体検査事業とは異なります)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部保健予防課 

電話番号:(097)535-7710

ファクス:(097)532-3356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る