ホーム > 健康・福祉・医療 > 生活にお困りの方へ > 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給について

更新日:2021年9月1日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給について

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金とは

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金は、社会福祉協議会が実施する緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯で一定の要件を満たす生活困窮者世帯に対して、就労による自立を図るため、またそれが困難な場合には円滑に生活保護の受給へつなげることを目的とし支給するものです。

ご不明な点があれば下記コールセンターまでご相談ください。

相談窓口

大分市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金コールセンター

電話:0120-294-496

受付時間:午前9時~午後5時15分(土日祝日を除く)

 

厚生労働省新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金相談コールセンター

電話:0120-46-8030

受付時間:午前9時~午後5時(土日祝日を除く)

 

厚生労働省特設ページ(別ウィンドウで開きます)

対象者

申請時に以下の1~9のいずれにも該当する方が対象となります。
※原則として、大分市に住民登録のある方が対象です。

 

1.次の(イ)~(ニ)のいずれかに該当する者であること

(イ) 社会福祉協議会が実施する緊急小口資金等の特例貸付における総合支援資金の再貸付(以下「再貸付」という。)を受けた者であって、自立支援金の申請をした日(以下「申請日」という。)の属する月の前月までに当該再貸付の最終借入月が到来していること

(ロ) 再貸付を受けている者であって、申請日の属する月が当該再貸付の最終借入月であること

(ハ) 社会福祉協議会に対して再貸付の申請をしたが、申請日以前に不決定となったこと

(ニ) 社会福祉協議会に再貸付の申請を行うために、自立相談支援機関への相談等を行ったものの支援決定を受けることができず、申請日以前に再貸付の申請をできなかったこと

2.申請日の属する月において、その属する世帯の生計を主として維持している者であること

3.申請日の属する月における、申請者および当該申請者と同一の世帯に属する者の収入の額を合算した額が、次の表の金額以下であること

  • 世帯人数別の収入基準額

世帯人数

申請日の属する月の収入の合計額

世帯人数 申請日の属する月の収入の合計額

1人

11.0万円以下

6人

31.0万円以下

2人

15.8万円以下

7人

35.1万円以下

3人

19.5万円以下

8人

38.4万円以下

4人

23.2万円以下

9人

41.7万円以下

5人

27.0万円以下

10人

44.9万円以下

4.申請日における申請者および当該申請者と同一の世帯に属する者の所有する金融資産(現金および預貯金)の合計額が、次の表の金額以下であること

  • 世帯人数別の金融資産基準額

世帯人数

金融資産基準額

1人

48.6万円以下

2人

73.8万円以下

3人

94.2万円以下

4人以上 100万円以下

5.次の(イ)または(ロ)に該当すること

(イ) 公共職業安定所(ハローワーク)に求職の申込みをし、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと

(ロ) 生活保護を申請し、当該申請に係る処分(開始、却下)が行われていない状態にあること

6.職業訓練受講給付金を、申請者および当該申請者と同一の世帯に属する者が受給していないこと

7.生活保護を、申請者および当該申請者と同一の世帯に属する者が受給していないこと

8.偽りその他不正な手段により再貸付の申請を行っていないこと

9.申請者および申請者と同一の世帯に属する者のいずれもが暴力団員でないこと

申請方法

上記の対象者に該当する方は下記の「ダウンロード一式」に様式と申請時必要書類について掲載しておりますので、ご記入後、必要書類を添付し郵送にて提出してください。

 

申請書提出先

〒870-8504

大分市荷揚町2番31号

大分市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金事務局

申請期限

令和3年11月30日まで(消印有効)

※緊急小口資金等の特例貸付の最終借入月の到達前には申請できませんので、ご注意ください。

(例:再貸付の最終借入月が11月の方は11月になるまで申請できません。)

支給額

自立支援金は、1か月ごとに支給します。
単身世帯:6万円、2人世帯:8万円、3人以上世帯:10万円

支給期間

最長3か月間

※受給期間中に支給要件を満たさなくなった場合には自立支援金の支給が中止となる場合があります。

支給方法

口座振込

申請から支給決定までの主な流れ

  1. 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の申請には、下記の「ダウンロード一式」にある、「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金のご案内」の内容を確認のうえ、所定の様式と、関係書類の写しを添付して、大分市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金事務局へ郵送してください。
    ※なお、書類不備等により市での審査・支給決定等の遅れが発生する可能性もありますので、注意してください。
    ※住所・氏名・電話番号は記載漏れや誤り等がないようにご記載ください。
  2. 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金申請書等を大分市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金事務局が受領後、審査および支給の可否を決定します。
    ※支給決定通知書または不支給決定通知書を郵送にて申請者に交付します。

受給中の求職活動について

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金受給中は、以下の求職活動を行っていただきます。

  1. 月1回以上、大分市自立生活支援センターの面接等の支援を受ける。
  2. 月2回以上、公共職業安定所(ハローワーク)で職業相談等を受ける。
  3. 原則週1回以上、求人先へ応募を行うまたは求人先の面接を受ける。

なお、受給中は求職活動の確認のため、下記「ダウンロード一式」にある求職活動等状況報告書(様式第6号)、職業相談確認票(様式第7号)、常用求職活動状況報告書(様式第8号)の書類を毎月提出する必要があります。また受給中に常用就職した場合は常用就職届(様式第9号)の提出が必要です。

ダウンロード一式

  1. 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金のご案内(PDF:172KB)
  2. ハローワーク利用のご案内(PDF:243KB)

・申請時必要書類様式

  1. 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給申請書(様式第1号)(PDF:103KB)
  2. 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給申請書(様式第1号)(記入例)(PDF:127KB)
  3. 収入に係る申立書(PDF:19KB)
  4. 収入に係る申立書(記入例)(PDF:64KB)
  5. 申請時確認書(様式第2号)(PDF:65KB)
  6. 申告書(様式第3号)(PDF:71KB)

・受給中提出書類様式

  1. 求職活動等状況報告書(様式第6号)(PDF:415KB)
  2. 求職活動等状況報告書(様式第6号)(記入例)(PDF:507KB)
  3. 職業相談確認票(様式第7号)(PDF:108KB)
  4. 職業相談確認票(様式第7号)(記入例)(PDF:176KB)
  5. 常用求職活動状況報告書(様式第8号)(PDF:150KB)
  6. 常用求職活動状況報告書(様式第8号)(記入例)(PDF:186KB)
  7. 常用就職届(様式第9号)(PDF:101KB)
  8. 常用就職届(様式第9号)(記入例)(PDF:161KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る