ホーム > 健康・福祉・医療 > 障がい者の方へ > 在宅福祉サービス(補助・助成等) > 令和3年4月1日から日常生活用具給付事業で「暗所視支援眼鏡」が対象になりました

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

令和3年4月1日から日常生活用具給付事業で「暗所視支援眼鏡」が対象になりました

日常生活用具給付事業概要

日常生活用具給付事業は、身体障害者や難病患者等に対し、障がいの内容と程度に応じて補助用具などの購入費用を支給することで日常生活の改善と便宜を図ります。

令和3年4月1日から、下記の支給対象に該当する場合、「暗所視支援眼鏡」の購入費用の助成を行います。

支給対象

  1. 視覚障害がある者であって、当該用具の装用効果がある方
  2. 難病患者等であって、当該用具の装用効果がある方

受付開始日

令和3年4月1日(木曜日)

助成内容

基準額(上限額): 395,000円

利用者負担額 : 37,200円

  • 原則1割の利用者負担がありますが、月額負担上限額が37,200円ですので、暗所視支援眼鏡の利用者負担額は月額上限の37,200円となります。
  • 市民税非課税世帯、生活保護受給世帯は利用者負担額はありません。
  • 上限額を超える分は、世帯状況にかかわらず全額利用者負担となります。

注意事項

  • 申請には「日常生活用具意見書」が必要となりますので、医療機関に作成を依頼してください。
  • 使用については、医師、取扱業者等から必ず説明を受け、試用を行うようにしてください。

お問い合わせ

福祉保健部障害福祉課 

電話番号:(097)537-5786

ファクス:(097)537-1411

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る