ホーム > くらし・手続き > 人権・同和問題 > 人権啓発センター(ヒューレ おおいた) > ヒューレおおいた10月特別展 ハンセン病療養所の記録パネル展

更新日:2021年9月30日

ここから本文です。

ヒューレおおいた10月特別展 ハンセン病療養所の記録パネル展

1996年に「らい予防法」が廃止されるまで、ハンセン病回復者の人たちは、日本各地のハンセン病療養所に隔離され続けていました。

法が廃止された後も、ほとんどの入所者は高齢化や体調の悪化、そして帰る場所がないなどの理由により、療養所で生活を続けています。

ハンセン病回復者に対する偏見と差別が今もなお根強く残る中、ハンセン病療養所とそこで暮らす人たちの記録を展示します。

 

会場

ヒューレおおいた(人権啓発センター)

J:COMホルトホール大分 1階

展示期間

令和3年10月1日(金曜日)~10月31日(日曜日)

午前9時~午後6時 ただし、最終日は正午まで

お問い合わせ

福祉保健部人権・同和対策課人権啓発センター(ヒューレ おおいた)

電話番号:(097)576-7593

ファクス:(097)544-5708

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る