ホーム > くらし・手続き > 防災・安全安心 > 交通安全・生活安全 > 大分市犯罪被害者等支援条例を施行しました

更新日:2020年4月1日

ここから本文です。

大分市犯罪被害者等支援条例を施行しました

もしも、犯罪被害にあったら・・・。
誰でも突然のことでどうしたらよいのかわからなくなります。
そして、犯罪被害者等(犯罪等により被害を受けた人およびその家族または遺族のことをいいます。)は、生命・身体・財産などに対する直接の被害だけでなく、その後、精神的ショックや経済的困窮、捜査・裁判の負担や、うわさ話・報道など、さまざまな被害に苦しめられることが少なくありません。
そのため、大分市は、犯罪被害者等が安心して暮らすことができるよう支援の基本を定め、犯罪被害者等が受けた被害の早期の回復や軽減を図ることを目的として、平成30年10月1日に「大分市犯罪被害者等支援条例」を施行しました。

大分市の施策

総合的な相談窓口の設置

大分市役所本庁舎2階の生活安全・男女共同参画課において、犯罪被害者等が直面している問題について相談に応じ、市関係手続きのワンストップ対応などの支援を行います。

見舞金の支給

大分市では、犯罪被害者等に対して、経済的負担の軽減を図るため、申請により遺族見舞金(犯罪により亡くなられた方のご遺族に)30万円、重症病見舞金(犯罪行為により1カ月以上の治療を要する重症病を負われたご本人に)10万円を支給します。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民部生活安全・男女共同参画課 

電話番号:(097)537-5997

ファクス:(097)534-6122

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る