更新日:2021年6月14日

ここから本文です。

令和3年第2回大分市議会定例会

r0302teireikai

令和3年第2回大分市議会定例会 市長提案理由説明

本日ここに、令和3年第2回大分市議会定例会が開会されるに当たりまして、提出いたしました諸議案の概要を御説明申し上げます。
まずその前に、全国市議会議長会から在職20年表彰を受けられました二宮博議員、永松弘基議員、髙野博幸議員、野尻哲雄議員、高橋弘巳議員に対し、市民を代表してお喜び申し上げますとともに、市政発展のために賜りました御尽力とその御功績に対し心から敬意と感謝の意を表します。
今後ともますます御壮健で御活躍されますよう祈念申し上げます。
次に、新型コロナウイルス感染症についてであります。
全国の感染状況は改善傾向にあるものの、いまだ10都道府県が緊急事態宣言の対象地域に指定されております。
大分県では、5月6日に感染状況の評価をステージ3に引き上げ、飲食店に対する営業時間短縮の要請などを行いましたが、現在は評価をステージ2としており、営業時間短縮の要請などは、昨日、6月13日をもって解除しております。
本市では、5月8日に1日の陽性確認数がこれまでで最多の55例となり、また、陽性確認数の累計は1,800例を超えております。現在は減少傾向にありますが、変異株による新たな感染拡大が懸念されるなど、今後も予断を許さない状況が続くものと考えております。
感染拡大防止の取り組みとして、4月29日からJR大分駅府内中央口広場に開設した大分市抗原検査センターでは、これまで25,000人を超える利用者があり、そのうち約80名の方が陽性と判定されております。
また、本市のワクチン接種につきましては、当初、かかりつけ医などによる個別接種や3か所の接種センターでの集団接種を進めておりましたが、既設の接種センターにおいて受け入れ人数を拡充したほか、大分市医師会が帆秋病院体育館に新たな接種センターを開設するなど体制の拡充が図られるとともに、予約受付けのためコールセンターの回線を増設したところであります。これらの体制整備にあたり、御協力をいただきました大分市連合医師会をはじめとする関係機関の皆様に、心より感謝申し上げます。
今後は、準備が整い次第、企業などが職域接種を開始することとしております。希望する市民の方が早期にワクチンの接種ができるよう体制を整えてまいります。
市民の皆様には、円滑なワクチン接種に御協力をお願いするとともに、日常生活において、不織布マスクの着用や手洗い、換気の励行など、基本的な感染予防の徹底に引き続き御協力をよろしくお願いいたします。

予算議案

(一般会計補正予算)
それでは、予算議案について御説明申し上げます。
今回の補正予算は、新型コロナウイルス感染症対策に引き続き取り組むための経費のほか、生活困窮世帯への支援に係る経費を計上いたしました。
その結果、補正額は9億1,000万円となり、補正後の一般会計予算総額は1,883億8,000万円となったところであります。
まず、歳出についてでありますが、
感染症の検査に係る経費として、1億8,000万円を計上いたしております。
これは、JR大分駅府内中央口広場に設置しております大分市抗原検査センターを、7月以降、引き続き運営するための経費の計上であります。
また、ワクチン接種の計画前倒しに係る経費として、3億円を計上いたしております。
これは、国の方針に基づき、高齢者へのワクチン接種を7月末までに完了させるため、医療従事者のさらなる確保や時間外、休日における接種体制確保のための経費の計上であります。
さらに、保健所における業務体制確保に係る経費として、6,000万円を計上いたしております。
これは、感染者数の増加に伴う積極的疫学調査や陽性患者搬送に係る経費の追加計上であります。
このほか、生活困窮者自立支援金の支給に係る経費として、3億7,000万円を計上いたしております。
これは、感染症による影響が長期化する中、国の生活困窮世帯への支援策として、現行の貸付制度の利用が限度額に達している世帯等に対し、1世帯当たり最大30万円を支給するための経費の計上であります。
次に、歳入についてでありますが、
今回の補正予算の財源といたしましては、
国庫支出金 6億1,000万円
県支出金 1億円
財政調整基金繰入金 2億円
を計上いたしております。

(専決処分した補正予算の報告)
続きまして、専決処分をいたしました補正予算について御報告申し上げます。
まず、報第2号、令和2年度一般会計補正予算第9号についてでありますが、これは、地方交付税、国県支出金、市債等の決定ならびに事業費の確定に伴い既決予算の調整を行う必要があり、3月31日付けで専決処分をしたものであります。
その結果、補正額は、134億3,400万円の減額となり、補正後の予算総額は、2,488億3,200万円となったところであります。
次に、報第3号から、報第8号までは、令和2年度の各特別会計ごとに、事業費の確定等に伴う予算の調整を行う必要があり、3月31日付けで専決処分をしたものであります。

一般議案

次に、一般議案の主なものについて御説明申し上げます。
まず、議第74号は、六坊グリーンウォーク広場条例の制定についてであります。これは、安全かつ快適な空間を確保し、憩いの場および交流の場を提供するため、JR久大本線の鉄道残存敷に整備された六坊グリーンウォーク広場の設置および管理について必要な事項を定めようとするものであります。
議第75号は、大分市学校給食費の管理に関する条例の制定についてであります。これは、市立の小中学校および義務教育学校における学校給食の公会計化にあたり、学校給食費の管理に関し必要な事項を定めようとするものであります。
議第86号は、大分市立認定こども園条例の一部改正についてであります。これは、令和2年3月に定めた「大分市立認定こども園設置計画」を踏まえ、就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律に規定する幼保連携型認定こども園として大分市立さがのせき認定こども園を設置しようとするものであります。
議第90号は、教育長および上下水道事業管理者の退職手当の額についてであります。これは、大分市常勤特別職の退職手当支給条例第3条の規定に基づき、令和3年5月13日をもって退職した教育長および令和3年3月31日をもって退職した上下水道事業管理者の退職手当の額を定めようとするものであります。
議第91号は、特定事業契約の締結についてであります。これは、荷揚町小学校跡地複合公共施設整備事業について、民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する法律に規定する特定事業の契約を締結しようとするものであります。
その他の議案につきましては、その都度担当者より説明いたさせます。
何とぞ、慎重御審議の上、御決定賜りますようお願い申し上げます。
 

お問い合わせ

財務部財政課 

電話番号:(097)537-5607

ファクス:(097)532-3511

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る