ホーム > 健康・福祉・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症 > 大分市新型コロナウイルス感染症対策本部会議 > 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取り組み(2月27日発表)

更新日:2020年2月27日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けた取り組み(2月27日発表)

市主催行事について

1.全国から不特定多数の参加が見込まれる屋内での市主催行事については、当分の間(本年3月末を目処)、原則として延期または中止する。
ただし、卒業式など、参加者が特定され、かつ、実施日の変更や中止が困難なものは、感染予防に必要な対策を講じた上で、実施する。
その他の行事においては、必要に応じて個別に判断する。

2.市内各地区にて市補助金等を活用して、自主的に実施されている講座、イベント等について開催する際には、参加者の健康状態に配慮したうえで消毒液等を配備するなど、十分に対策を行うよう要請する。

学校等(小中学校・幼稚園)で感染者が発生した場合の取り扱い

今後、児童生徒等、保護者等同居親族、教職員が感染者となった場合には、

1.当該市立学校(園)及び当該市立学校(園)が属する中学校区のすべての学校を14日間の臨時休業とする。

2.その他の市立学校(園)については、感染拡大防止策を徹底する。

幼児教育・保育施設で感染者が発生した場合の取り扱い

今後、園児、保護者等同居親族、職員が感染者となった場合には、

1.市立保育所は、当面14日間の臨時休園とする。

2.私立の幼児教育・保育施設については、設置者に対して当面14日間の臨時休園を要請する。

3.その他の幼児教育・保育施設については、感染拡大防止策を徹底する。

入所施設などの社会福祉施設で感染者が発生した場合の取り扱い

1.厚生労働省より発せられている「社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点について」により、面会者の制限や利用者が体調不良の際は、保健所に電話連絡し、指示を受けるなどの対策を講ずるよう再度、要請する。

2.通所施設については、感染拡大防止策を徹底する。

市営施設(指定管理施設を含む)の利用制限について

当分の間(本年3月末を目処)、利用制限や閉鎖はせず、感染拡大防止策を徹底する。

社会・経済機能の維持について

1.相談窓口の設置

中小企業・小規模事業者からの経営・金融相談窓口を開設

「大分市中小企業・小規模事業者 経営・金融相談窓口」

(創業経営支援課内 097-585-6029)

2.各事業所に対して、大分県と連携し、商工会議所等を通して感染拡大防止を徹底するよう要請する。

  • 風邪の症状や発熱など感染が疑われる方は出勤しないように周知を要請する。
  • 職場における手洗いや手指消毒の励行及びマスク着用などの周知を要請する。
  • 通勤時の感染リスクを減らすため、テレワークや時差出勤の検討を要請する。

市庁舎等について

市庁舎等に手指消毒薬の設置及び注意喚起のポスターを掲示する。

関連リンク

情報を随時更新しています。最新の情報をご覧ください。

お問い合わせ

福祉保健部保健予防課 

電話番号:(097)536-2222

ファクス:(097)532-3356

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る