ホーム > イベントカレンダー > 平和市民公園能楽堂『今昔響舞~冀望kibou~』

ここから本文です。

更新日:2022年9月5日

平和市民公園能楽堂『今昔響舞~冀望kibou~』

今昔響舞

平和市民公園能楽堂で『今昔響舞(こんじゃくきょうぶ)~冀望kibou~』を開催します。

「日常」それは今、まさに皆が求め、天にもすがる思いです。今できることはないのか…そんな時、古来より「祭り」はお願い事や景気づけ・鎮魂などの意味を持ち、単なる娯楽ではなく人々の思いや願いに触れてきました。また演者も参加者も生きる喜びを分かち合う力があるといいます。今昔響舞はそんないろいろな願いを「~冀望kibou~」と題し感動をお届けします。
<出演>
梅川 壱ノ介(舞踊家)
匹田 大 智(津軽三味線奏者)

開催日時

  • 2022年11月27日(日曜日)

開場 正午
開演 午後1時

場所

平和市民公園能楽堂

参加費

チケット代(税込)
S席 4,400円
A席 3,850円
※当日券は500円増。未就学児童入場不可。

募集期間

チケット販売
2022年9月1日(木曜日)午前10時から

申込方法

チケット取り扱い
・平和市民公園能楽堂
・トキハ会館プレイガイド
・ローソンチケット

その他

【出演者紹介】
梅川 壱ノ介(うめかわ いちのすけ)
大分県日田市出身、新潟大学卒。
東京バレエ団、歌舞伎俳優を経て、2016年日本舞踊を基本とする舞踊家に転身する。
師匠は人間国宝坂東玉三郎氏、花柳流家元で修業を積んでいる。
古典作品はもとより、現代アートの融合作品、オーケストラとの共演や最近では鬼滅の刃や《絵本と日本舞踊》など、さまざまなコラボレーションを手掛けている。
海外活動では2019年3、4月にアメリカツアー、2019年6、7月にはヨーロッパツアーを成功させるなど、国内外を問わず活躍している。
また、モデルや司会、文化服装学院の講師、地元日田市の観光親善大使も勤めている。

匹田 大智(ひきだ たいち)
1991年5月29日大分県大分市出身
民謡三味線の師範である祖母・母の影響を受け、9歳より津軽三味線を始める。
2006年に津軽三味線 福居流・福居慶大氏に師事。
2012年、津軽三味線コンクール全国大会に初めて出場し、一般の部 優勝という快挙を果たす。
オリジナル曲をはじめ、他ジャンルの楽器・パフォーマーとのコラボレーションや、劇伴作品への参加など、幅広い活動を行っている。
次世代の感性を活かした、その演奏スタイルは、攻撃的な中にも繊細さを兼ね備え、日々進化し続けている。

問い合わせ先

平和市民公園能楽堂
〒870-0924 大分市牧緑町1番30号
電話:097-551-5511
ファクス:097-551-5512

お問い合わせ

企画部文化振興課平和市民公園能楽堂

郵便番号870-0924 大分市牧緑町1番30号

電話番号:(097)551-5511

ファクス:(097)551-5512

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る