ホーム > イベントカレンダー > 平和市民公園能楽堂 『今昔響舞』

ここから本文です。

更新日:2021年10月1日

平和市民公園能楽堂 『今昔響舞』

今昔

平和市民公園能楽堂で「今昔響舞(こんじゃくきょうぶ)」を開催します。

「今昔響舞(こんじゃくきょうぶ)」・・・魂の鳴動、音と影の躍動。

日本の伝統芸能を発信し続ける舞踊家・梅川壱ノ介と津軽三味線奏者・匹田大智。現在、活躍の場を全国・海外へ広げられる大分出身の二人が和の心を重んじ、技を受け継ぎ、未来に挑みながら今回「大友宗麟」をテーマに響(ひびき)と舞(まい)が織りなす躍動の世界を平和市民公園能楽堂よりお届けします。
皆さまのご参加をぜひお待ちしております。

出演:梅川壱ノ介(舞踊家) 、匹田大智 (津軽三味線奏者)
ゲスト出演:朝来桂一(ヴァイオリニスト)

開催日時

  • 2021年12月4日(土曜日)

開場 正午
開演 午後1時

場所

平和市民公園能楽堂

参加費

チケット代(税込)
S席 4,400円
A席 3,850円
※当日券は500円増。未就学児童入場不可。

募集期間

チケット販売
2021年10月1日(金曜日)午前10時から

申込方法

チケット取り扱い
・平和市民公園能楽堂
・トキハプレイガイド(097-538-3111)
・ローソンチケット(Lコード:83743)

その他

【出演者紹介】

梅川壱ノ介(うめかわいちのすけ)
大分県生まれ。新潟大学卒業。
2005年、東京バレエ団に入団。
バレエダンサーとして海外公演を重ねるうちに日本への強い思いから2006年に退団。
その後、歌舞伎の研修や立ち廻り、長唄、三味線などの邦楽、歌舞伎の基礎を学ぶ。
2010年研修卒業後、中村獅童一門の中村獅二郎の芸名で初舞台を踏む。
2016年歌舞伎俳優から日本舞踊を専門とした舞踊家へ転身。
以降、日本舞踊の世界だけに捉われず古典や現代アートとの融合作品を数多く手掛ける新進気鋭の舞踊家である。

匹田大智(ひきだたいち)
1991年5月29日 大分県大分市出身
民謡三味線の師範である祖母・母の影響を受け、9歳より津軽三味線を始める。
2006年に津軽三味線 福居流・福居慶大氏に師事。
2012年、津軽三味線コンクール全国大会に初めて出場し、一般の部 優勝という快挙を果たす。
オリジナル曲をはじめ、他ジャンルの楽器、アーティストとのコラボレーションや、劇伴作品への参加など、幅広い活動を行なっている。
次世代の感性を活かした、その演奏スタイルは攻撃的な中にも繊細さを兼ね備え、日々進化し続けている。
また、avexイケメン和楽器集団「桜men」のメンバーとしても活躍中。

朝来桂一(あさきけいいち)ヴァイオリニスト
大分市出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻卒業。第1回、第11回、第20回記念別府アルゲリッチ音楽祭、米国アスペン音楽祭など、国内外の音楽祭に招待され出演。これまでに、第1回五嶋みどりレクチャーコンサート(ドキュメンタリー番組『切れた弦が心をつなぐ』)、YOSHIKI CLASSICALSPECIALWORLDTOUR(XJAPAN)、NHK紅白歌合戦(椎名林檎サポート)、全国ロードショー映画『マエストロ!』(西田敏行・松坂桃李/主演)など出演。落語家・桂米團治『おぺらくご(フィガロの結婚)』九州初披露公演舞台音楽を手掛けたほか、2018年度よりJR九州クルーズトレイン「ななつ星in九州」においても活躍するなど、幅広く親しまれている。NHK連続テレビ小説『エール』にヴァイオリン奏者役として出演(2020年)「ななつ星in九州」公式コンセプトムービーにヴァイオリニストとして出演中。(2021年公開)

問い合わせ先

平和市民公園能楽堂
〒870-0924 大分市牧緑町1番30号
電話:097-551-5511
ファクス:097-551-5512

お問い合わせ

企画部文化振興課平和市民公園能楽堂

郵便番号870-0924 大分市牧緑町1番30号

電話番号:(097)551-5511

ファクス:(097)551-5512

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る