ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化 > 文化・芸術振興 > アートレジオン推進事業 > 旧小学校を活用したアトリエ > 緑豊かな山々にアトリエがオープン!旧野津原中部小学校をアーティストに貸し出します

更新日:2020年4月30日

ここから本文です。

緑豊かな山々にアトリエがオープン!旧野津原中部小学校をアーティストに貸し出します

大分市中心部から車で30分ほどの位置にある、緑豊かな山々に囲まれた野津原地区。

大分市では、平成30年3月に閉校した旧野津原中部小学校の一部を、アトリエとして令和2年4月にオープンしました!

アトリエは、自身の創作活動をしながら、ワークショップの開催など地域の活性化にもお手伝いいただけるアーティストに貸し出しています。

広々としたアトリエで、自然に囲まれた静かな環境の中、地域と交流しながら、創作活動に没頭しませんか。

 

事業のコンセプト

野津原イベントの様子大分市では、人口減少や少子高齢化が進む周辺地域に市内外からアーティストを呼び込み、アートイベントや制作活動等を通して文化芸術の振興を図るとともに、地域住民との交流を促進することで地域の活性化につなげるため、「アートレジオン推進事業」に取り組んでおり、その一つとして、旧野津原中部小学校を活用したアトリエの貸し出しを行っています。

※アートレジオンとは、芸術を意味する英語の「アート」と地域を意味する仏語の「レジオン」を組み合わせた造語。

※これまで、佐賀関の旧大志生木小学校で、同様の事業を展開しています。

地域でアートを元気に! 旧大志生木小学校をアトリエとして貸し出しています

写真は、2019年に地域と連携して開催した「第1回野津原こどもアート学校」の様子です。(場所は旧野津原中部小学校隣の旧幼稚園舎)

アトリエ概要

【住所】大分市大字竹矢2108-1

【対象】
(1)文化芸術に関する活動を生計の主としている者または志している者であること。
(2)地域住民との交流が図れる者であること。
(3)文化芸術の振興および地域の生涯学習として、アトリエの公開や作品展示、ワークショップ等を実施できる者であること。
(4)地方税等を滞納していない者であること。
(5)大分市暴力団排除条例(平成23年大分市条例第19号)第2条第2号に規定する暴力団員および同条例第6条第1号に規定する暴力団関係者でないこと。

【利用時間】原則、午前8時30分~午後10時

【料金】90日間はお試し使用として無料。その後、本格利用時は、施設全体の光熱水費等から利用面積により按分し、1年度分を一括請求。

※若手アーティストの活動支援として、30歳以下(30歳に達する年度まで)は、無料で利用いただけます。

【空き教室】3室

※随時、利用の相談を受け付けます。アトリエ利用について詳しくは、次の利用案内をご確認ください。

旧野津原中部小学校を活用したアトリエ利用案内(PDF:1,618KB) 

利用アーティスト紹介

遠藤ももこ(美術家)

大分県臼杵市出身。

ピンクを基調とした鮮やかな色彩の絵画やミラーを用いた作品を数多く制作し、個展やグループ展に出品。

現在、美術教師として、美術を通した感性教育を行っている。

大分県美術協会会員
新潮流の会会員

参考

参考:おおいたアーティスト移住・定住ガイドブック

大分市や周辺市町で活動するアーティストインタビューや、アーティストへの支援策、移住支援、大分市のアートシーン、周辺市町の魅力などを、一冊に凝縮しています!ぜひ、ご覧ください。 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部文化振興課 

電話番号:(097)537-5663

ファクス:(097)536-4044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る