ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化 > 文化・芸術情報 > 【ライブハウス等運営事業者向け】ライブハウス等を安心してご利用いただくために

更新日:2021年4月26日

ここから本文です。

【ライブハウス等運営事業者向け】ライブハウス等を安心してご利用いただくために

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、業種別ガイドライン「ライブハウス・ライブホールにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」において、ライブハウス等店舗の運営事業者および店舗にて公演を行う主催者に対して、具体的な感染拡大予防措置を示しております。
事業者および主催者の皆様におかれましては、同ガイドラインを踏まえた適切な対策を行っていただきますようお願いいたします。

ライブスペース内における感染拡大予防策(ガイドラインより抜粋)

  • 店舗事業者は、公演主催者に対して、従前の収容人数の50%程度にて公演を開催するよう要請してください。但し、次のいずれにも該当するものに関しては、収容率100%を妨げないものとします。(環境音楽、トークライブ、アコース ティック演奏、ジャズ、シャンソン、ブルース、フォーク[以上演奏及び観客の態様が静かな場合に限る]に限る。)
  1. これまでの当該出演者・出演団体の開催実績において観客が歓声・声援等を発し、又は歌唱するなどの実態が見られないもの。
  2. これまでの開催実績を踏まえ、マスクの着用を含め、個別の参加者に対して感染防止策の徹底が行われうるもの。
  3. 発声する演者と観客間の距離が適切に保たれている等、感染防止対策が適切に実施されるもの。
  4. ライブスペースを含む店舗内は余裕を持って座席が配置されており、着席を前提とする営業形態であること。
  5. 公演中にライブスペース内で食事及び飲酒をさせない。
  • 店舗事業者は、各回の公演ごとに、その公演前に、会場内のドアノブや手すり等不特定多数が触れやすい場所の消毒を行います。なお、消毒液は、当該場所に最適なものを用いるようにする必要があります。
  • 店舗事業者は、各店舗の形態に応じて適法な空調設備を設置する必要があります。また公演の前後及び公演の休憩中にドアを開いたり、機械等により会場内の換気を行い、公演中も定期的に適切な換気を行ってください。
  • 店舗事業者は、公演中に来場者同士が接触したり、ステージ前に押し寄せたりしないように、座席や立ち位置を固定するなど、区域内の適切な行動確保が可能となるような適宜の対策を講じてください。
  • 店舗事業者は、公演主催者及び来場者に対して、出演者(演奏者・歌唱者等)と観客の間の距離を、なるべく2メートル確保するよう要請してください。それができない場合は、出演者から飛沫が拡散しないための適宜の対応(発声部分を中心に透明の遮蔽物を設ける等)を行うなど、飛沫感染対策を行ってください。
  • 店舗事業者は、公演主催者及び来場者に対して、公演中も常時マスク(やむを得ない事情のある場合にはフェイスガード等)の着用を要請してください。

ライブハウス・ライブホールにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン

ライブハウス・ライブホールにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(令和2年12月8日改訂)(PDF:269KB)

啓発用チラシ

【事業者向け】安心してライブハウスをご利用いただくために(PDF:248KB)

【来場者向け】Enjoy!ライブハウス~みんなで新型コロナウイルス感染予防に取り組もう~(PDF:331KB)

チラシにつきましては、上記よりダウンロードしていただき、店舗への設置や掲示等にご活用ください。
 

事業者向けチラシ(PDF:248KB)
【事業所向け】安心してライブハウスをご利用いただくために
来場者向けチラシ(PDF:331KB)
【来場者向け】Enjoy!ライブハウス~みんなで新型コロナウイルス感染予防に取り組もう~

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部文化振興課 

電話番号:(097)537-5663

ファクス:(097)536-4044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る