ホーム > 文化・スポーツ・観光 > 文化 > 文化・芸術振興 > アートレジオン推進事業 > 旧小学校を活用したアトリエ > アートで地域を元気に!旧大志生木小学校アトリエを貸し出しています

更新日:2020年6月10日

ここから本文です。

アートで地域を元気に!旧大志生木小学校アトリエを貸し出しています

アートレジオンイメージ画像

美しい海や緑豊かな山々、食、伝説など、さまざまな魅力にあふれた大分市・佐賀関に建つ「旧大志生木(おおじゅうき)小学校」。

大分市では、その学校跡地の教室を、地域活性化にも一役買っていただけるアーティストの方にアトリエとして貸し出しています。

地域と交流しながら、ここで、あなただけの創作活動を見つけてみませんか。

 

事業のコンセプト

大分市では、人口減少や少子高齢化が進む周辺地域に市内外からアーティストを呼び込み、アートイベントや制作活動等を通して文化芸術の振興を図るとともに、地域住民との交流を促進することで地域の活性化につなげるため、「アートレジオン推進事業」に取り組んでおり、その一つとして、旧大志生木小学校を活用したアトリエの貸し出しを行っています。

※アートレジオンとは、芸術を意味する英語の「アート」と地域を意味する仏語の「レジオン」を組み合わせた造語。

これまでのアートイベントや地域交流の様子

旧大志生木小学校を会場に、地域の皆さんと一緒に「こどもアート学校」を8月に開催し、粘土や新聞紙など、さまざまな素材を使ったワークショップを開催。また、アトリエも公開し、普段の活動紹介や作品展示なども行いました。期間中、市内外から多くの親子連れが集い、地域がにぎわいました。

そのほかにも、大分県内で活躍するアーティストと一緒になったアートイベントの開催などにもご協力いただきました。

 

 

 

アトリエ概要

【住所】大分市大字志生木207-1

【対象】
(1)文化芸術に関する活動を生計の主としている者または志している者であること。
(2)地域住民との交流が図れる者であること。
(3)文化芸術の振興および地域の生涯学習として、アトリエの公開や作品展示、ワークショップ等を実施できる者であること。
(4)地方税等を滞納していない者であること。
(5)大分市暴力団排除条例(平成23年大分市条例第19号)第2条第2号に規定する暴力団員および同条例第6条第1号に規定する暴力団関係者でないこと。

【利用時間】原則、午前8時30分~午後10時

【料金】施設全体の光熱水費等から利用面積により按分し、1年間分を一括請求

【空き教室】2室〈令和2年4月1日現在〉

※アトリエについて詳しくは、利用案内をご確認ください。

旧大志生木小学校を活用したアトリエ 利用案内(PDF:553KB)

 

★大分市や佐賀関の魅力紹介、大分市在住のアーティストが語る”大分市暮らし”などをまとめたガイドブックもぜひご覧ください。

大分市アーティスト移住ガイドブック「ここから始めるアートな暮らし」(PDF:6,643KB)

フロアマップ・利用アーティスト

 令和元年12月1日現在、5組のアーティストにご利用いただいています。

Kana(現代美術家)

長崎県出身。

布や糸などの柔らかい素材を使用し、主にウサギなど動物をモチーフにしたソフトスカルプチュア(柔らかい彫刻)を制作。

県内各地で展覧会や子ども向けのワークショップを積極的に行う。

アーティストホームページ(別ウィンドウで開きます)

 

 

のっけむし(イラストレーター)

大分県出身。

大分県の特徴である温泉やカボス、シイタケなどをモチーフにしたゆるいキャラクターのイラストやグッズを制作し、各地で展示・販売。

県内各地で展覧会や子ども向けのワークショップを積極的に行う。

 

 

米村 知倫(イラストレーター、デザイナー)

熊本県出身。

大学で建築を学び、建築表現の延長としてイラストを描き始める。

紙媒体を中心に、広告、挿絵、工作物などを制作。

平成30年に大分県で開催された「第33回国民文化祭・おおいた2018、第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」のポスターを手掛ける。

アーティストホームページ(別ウィンドウで開きます)

下平 千夏(現代美術家)

下平千夏武蔵野美術大学建築学科卒業。東京藝術大学大学院美術研究科修了。

瀬戸内国際芸術祭2019、2016、六甲ミーツ・アート2013、2010等、国際展に多数参加。2014年台北にて交換レジデンスプログラム/東京ワンダーサイト(現東京アーツアンドスペース)に参加、2010年INAXギャラリーにて個展を開催する等、国内外で制作・発表を行う。

日常の中で当たり前に目にする事物の要素・因子を抽出し、それらが持つ普遍的なダイナミズムを探求。インスタレーションという空間体験を通して提示している。〈アーティストホームページ(別ウィンドウで開きます)

沖 美紀(ワイヤーアーティスト)

大分県出身。

ワイヤーのもつしなやかさ力強さに魅かれ制作をはじめる。

ワイヤースカルプチュア(ワイヤー彫刻)の展示、販売など。

海岸に流れ着いた流木など自然素材とのコラボレートが特徴のひとつ。

ワイヤークラフト教室講師としても活動中。

 

 

 

その他

海に囲まれた佐賀関に加え、緑豊かな山々に囲まれた野津原地区にも、令和2年4月にアトリエをオープンします。詳しくは次からご覧ください。

緑豊かな山々にアトリエがオープン!旧野津原中部小学校をアーティストに貸し出します

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部文化振興課 

電話番号:(097)537-5663

ファクス:(097)536-4044

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る