ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 大分市の広報 > 報道発表資料 > 令和元年度発表分 > 2月(令和元年度発表分) > 豊予海峡みらいづくりシンポジウム~新たな国土軸の構築に向けた交流圏域の形成~を開催します

ここから本文です。

報道発表資料

豊予海峡みらいづくりシンポジウム~新たな国土軸の構築に向けた交流圏域の形成~を開催します

  • 発表日:令和2年2月4日
  • 担当課:企画課
  • 担当者:後藤・山香
  • 電話番号:097-537-5603(内線4842)

豊予海峡を結ぶ鉄道や道路の整備は、九州・四国において観光需要の拡大や新たな産業振興の効果をもたらすとともに、我が国全体のさらなる成長や災害時における代替ルートという面でも重要な効果が期待されます。そこで、豊予海峡ルートの実現に向けた機運の醸成を図るとともに、愛媛と大分の交流を促進することを目的にシンポジウムを開催します。

日時・場所

日時:2月12日(水曜日) 午後1時30分~3時50分

場所:コンパルホール3階 多目的ホール

定員

300人

参加費

無料(先着順)

 内容

第1部【基調講演】

講演1.「将来の広域連携をつくる豊予海峡ルート」

奥野 信宏氏(名古屋都市センター長、国土審議会会長)

講演2.「豊予海峡連絡プロジェクト早期実現のために」

藤本 貴也氏(JAPIC国土・未来プロジェクト研究会委員長)

講演3.「スーパー・メガリージョン構想について~リニア時代の国土づくり」

岸 弘之氏(国土交通省国土政策局計画官)

第2部【パネルディスカッション】

テーマ『豊予海峡ルート整備に向けた愛媛と大分の今後の交流について』
パネリスト:丸川 裕之氏(JAPIC専務理事)
橋本 均氏(大分商工会議所・大分経済同友会)
山本 泰士氏(愛媛県企画振興部地域振興局長)
高門 清彦氏(伊方町長)
平川 暢教氏(大分県中部振興局地域振興部長)
佐藤 樹一郎 大分市長
コーディネーター:吉村 充功氏(日本文理大学工学部建築学科教授)
コメンテーター:木村 俊介氏(明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科教授)

取材について

    1. 当日は会場にて受付を行ってください。

その他

    2月10日(月曜日)午前11時から正午、シンポジウムの広報を目的として大分駅北口駅前広場にてチラシ配布を行います。

お問い合わせ

企画部企画課 

電話番号:(097)537-5603

ファクス:(097)534-6182

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る