ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 大分市の広報 > 報道発表資料 > 令和元年度発表分 > 1月(令和元年度発表分) > 「防災とボランティア週間」学校防災訓練を実施します

ここから本文です。

報道発表資料

「防災とボランティア週間」学校防災訓練を実施します

  • 発表日:令和2年1月7日
  • 担当課:防災危機管理課
  • 担当者:大戸・柳井
  • 電話番号:097-537-5664(内線1127)

毎年1月15日~21日は「防災とボランティア週間」です。
大分市では、「安全・安心なまちづくり」を推進するため、阪神・淡路大震災を契機として制定された「防災とボランティア週間」に合わせて、全ての市立小中学校において、防災訓練を実施しています。
今年のモデル校は稙田中学校となっており、下記の日程で訓練を実施します。

訓練想定

南海トラフを震源とした大規模地震が発生したことを想定した訓練

日時

1月16日(木曜日)午後2時30分~

場所

稙田中学校

参加予定人数

約450人(全校生徒)

訓練内容

  • 午後2時35分
    緊急校内放送実施(同時刻に日向灘を震源としたM7.5の地震が発生した想定)
    各クラスで安全確保行動実施後、グラウンド(雨天時は体育館)へ避難
  • 午後2時43分
    黙祷
  • 午後2時45分
    全体集会(消防署員による防災講和と消火器演習)
  • 午後3時15分
    終了

取材について

取材を希望する報道機関は、1月14日(火曜日)午後5時までに、稙田中学校(担当 匹田・岩下)(電話097-541-0015)に連絡のうえ、取材の申し込みを行ってください。

お問い合わせ

総務部防災局防災危機管理課 

電話番号:(097)537-5664

ファクス:(097)533-0252

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る