ホーム > 仕事・産業 > 入札・契約・プロポーザル > 建設工事・建設コンサルタント等 > 設計労務・資材単価等 > 単品スライド条項に基づく請負代金額の減額変更について(単品スライド条項の運用の読み替えについて)

更新日:2009年4月10日

ここから本文です。

単品スライド条項に基づく請負代金額の減額変更について(単品スライド条項の運用の読み替えについて)

大分市では、平成20年7月9日に建設工事請負契約書第25条第5項(単品スライド条項)の運用ルールを定め、主要な工事材料を対象に単品スライド条項を運用しているところでありますが、鋼材類や燃料油などの建設資材価格の急激な値下がりにより請負代金額が不適当となった場合、建設工事請負契約書第25条第5項の運用について(平成20年7月9日施行)を読み替えること等により、発注者である大分市から請負者へ減額変更を請求することとしましたのでお知らせします。
また、建築物の解体工事等で設計金額の算定にスクラップ控除がある工事について、スクラップなどの価格が著しく高騰し、請負代金額が不適当となった場合も、減額変更を請求します。

適用日 平成21年2月20日

ダウンロード

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部契約監理課 

電話番号:(097)537-5605

ファクス:(097)538-5226

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る