ホーム > 市政情報 > ようこそ市長室へ > 市長メッセージ > 市長からのメッセージ 第586報(9月24日15時)

更新日:2022年9月24日

ここから本文です。

市長からのメッセージ 第586報(9月24日15時)

市民の皆様へ

9月26日(月曜日)から全国一律で陽性者の全数届出の見直しが行われ、陽性者の発生届の対象が①65歳以上の方、65歳未満の方のうち②入院を要する方、③基礎疾患等があり新型コロナ治療薬の投与または新たに酸素投与が必要となる方、④妊婦の4類型に限定されることとなります。これらの方への支援についてはこれまでと変わりませんが、それ以外の重症化リスクの低い方については、大分県が開設する「健康フォローアップセンター」において健康観察や病状に関する相談を受けることとなります。発生届の対象外と診断された方は、軽症であっても療養中の体調悪化時に医療機関の受診や入院調整等がスムーズに受けられるよう、センターへの登録をお願いします。
大分市保健所では、引き続き、症状のある方等の健康相談を24時間実施できる体制を確保しています。医療機関を受診されていない方で咳や発熱など心配な症状がある場合には、早めに「かかりつけ医」などの医療機関または大分市保健所(097-536-2222)にご相談ください。(「全数届出見直しに伴う大分市保健所の対応」「新型コロナウイルス感染症と診断された方へ」参照)

本日、大分市保健所で110例(市外居住9例を含む。)の陽性が確認されました。県全体では277例となりました。本日の陽性確認の方で重症者はいないものの、多くの方に高熱やのどの痛みなどの症状がみられます。無症状の方は4人です。
現在、市立の小学校1クラスが閉鎖となっています。幼児教育・保育施設は1クラスが閉鎖となっています。家族内や経路不明等などで陽性者が多くみられます。
市民の皆様には、ワクチンを接種された方も含め、引き続き、手洗い、必要に応じた不織布マスクの着用(「屋外・屋内でのマスク着用について(厚生労働省作成)」参照)、特に換気の励行等感染防止対策の徹底をお願いします。
大分市では大分駅前の抗原検査センターのほか、鶴崎、明野、稙田に検査所を開設しています。抗原検査の結果が5分程度で判明する検査キットを新たに導入していますので、これまでより待ち時間が短くなります。市民の安心安全、感染拡大防止のためぜひご利用ください。
大分郡市医師会では、明日25日(日曜日)にドライブスルー方式の発熱外来(事前予約制)を博愛病院に設置の予定です。(「休日の臨時発熱外来について」参照)
令和3年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(1世帯当たり10万円)の申請期限が9月30日(金曜日)までとなっています。対象となる世帯でまだ申請をされていない場合はお早めに申請してください。詳しくは大分市住民税非課税世帯等臨時特別給付金コールセンター(097-514-8800)までお問い合わせください。
また、現在国において検討されている電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金(1世帯当たり5万円)については、詳細が決まり次第改めてお知らせします。

【陽性者の感染経路・推移について】
大分市保健所で陽性が確認されたのは、陽性者の家族49例、知人3例、職場5例、学校3例、高齢者施設1例、幼児教育・保育施設2例、その他福祉施設1例、医療機関1例、陽性者と会食1例、県外由来1例、経路不明等43例です。陽性者数はこの7日間で238、138、122、496、274、237、110例となっています。県全体の陽性者数は485、340、294、929、551、523、277例となっています。

【抗原検査センターの状況について】
大分駅前の抗原検査センターでは昨日813人、鶴崎検査所では160人、明野検査所では251人、稙田検査所で158人の利用があり、11人(大分駅前6人、鶴崎2人、明野2人、稙田1人)が陽性となりました。これまで延べ5,381人が陽性となっています。陽性者はこの5日間で休、32、15、10、11人(19日は台風のため閉鎖)となっています。抗原検査が陽性の場合は、ご家族も慎重に行動していただきますようお願いします。
なお、無症状で感染の不安を感じる方に対しては、市内の薬局等でも無料検査を行っていますのでご利用ください。(新型コロナウイルス感染症特設ページ内「新型コロナウイルス感染症 無料検査のお知らせ」参照)

【オミクロン株に対応したワクチン接種について】
接種の予約を大分市新型コロナワクチンコールセンター(0120-097-321)または市ホームページの予約サイトで受け付けています。対象者は、3回目、4回目の接種券をお持ちの方で、まだ接種されていない方です。接種は10月1日(土曜日)から準備が整った個別の医療機関で接種ができます。集団接種会場では、県営接種センターは9月29日(木曜日)から、大分こども病院会場は10月1日(土曜日)から、帆秋病院会場は10月3日(月曜日)から接種できます。
また、これまで4回目の接種対象者ではなかった12歳以上59歳以下の基礎疾患がない方、すでに4回目接種が完了している方には、10月3日(月曜日)以降に接種券を順次発送しますので、届き次第予約ができます。なお、接種が可能となる日は、現時点で前回の接種から5か月以上経過した日です。(新型コロナウイルス感染症特設ページ内「新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報」参照)

【5歳から11歳へのワクチン接種について】
2回目接種後5か月経過した方は3回目の接種ができるようになりました。接種券を順次発送していますので、届き次第予約ができます。厚生労働省の通知において12歳未満についても、9月6日から努力義務の対象となりました。ワクチンの必要性について疑問や不安があるときは、かかりつけ医などによくご相談ください。(新型コロナウイルス感染症特設ページ内「新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報」参照)
(以上)

大分市長 佐藤樹一郎

関連資料

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る