ホーム > 市政情報 > ようこそ市長室へ > 市長メッセージ > 市長からのメッセージ 第580報(9月18日23時10分更新)

更新日:2022年9月18日

ここから本文です。

市長からのメッセージ 第580報(9月18日23時10分更新)

市民の皆様へ

大分地方気象台によると、大型で非常に強い台風14号は、明日19日(月曜日)朝に大分県に最も接近する見込みです。暴風、うねりを伴った高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、高潮に注意・警戒してください。今後の気象情報に十分注意してください。
大分市では、本日午前9時に市役所本庁舎8階に災害警戒本部を設置し、24時間対応の体制を整えています。(問合せ先 097-534-6111)
午前10時に市内105か所の指定緊急避難場所を開設するとともに、「警戒レベル3 高齢者等避難」を発令しました。危険な場所にいる高齢者や障がいのある人など避難行動に時間を要する方は「わが家の防災マニュアル」などで避難場所等を確認し、暗くならないうちに早めの避難をお願いします。それ以外の方についても避難の準備を整え、必要に応じて避難してください。
大分川が氾濫するおそれが高まったことから、午後4時に豊府、南大分、城南、荏隈、賀来、宗方、稙田、横瀬、横瀬西地域に「警戒レベル4 避難指示」を発令しました。
また、大野川水系の戸次古川が氾濫するおそれが高まったことから、午後7時50分戸次地区(尾津留、大内、楠木生)に「警戒レベル4 避難指示」を発令しました。
速やかに避難場所や安全な場所の親戚・知人宅等へ避難を開始してください。立ち退き避難が危険な場合は、自宅や近くの建物で少しでも高い場所へ移動するなど、身の安全を確保してください。
午後11時10分、土砂災害発生のおそれが高まったため、野津原地区の土砂災害警戒区域等に「警戒レベル4 避難指示」を発令しました。当該区域や崖地の近くにいる方は、速やかに安全な場所に避難してください。立ち退き避難が危険な場合は、崖や沢から離れた建物や部屋に移動し、身の安全を確保してください。避難時における感染防止対策についてもよろしくお願い申し上げます。
台風接近に伴い、本日と明日19日(月曜日)はワクチンの集団接種会場、抗原検査センターを閉鎖します。市美術館や高崎山自然動物園、歴史資料館、能楽堂等休館(園)する施設、中止となるイベント等がありますのでご注意ください。また、明日19日(月曜日)のごみ収集は中止します。

本日、大分市保健所で238例(市外居住21例を含む。)の陽性が確認されました。8月25日以降、25日連続で前の週の同じ曜日を下回っており、減少傾向で推移しています。この他に県保健所対応で大分市民5例が陽性となりました。県全体では485例となりました。本日の陽性確認の方で重症者はいないものの、多くの方に高熱やのどの痛みなどの症状がみられます。無症状の方は7人です。
現在、市立の小学校5クラス、中学校1クラス、幼児教育・保育施設3クラスが閉鎖となっています。幼児教育・保育施設については、本日2クラスが登園自粛となっています。昨日は114人の方が登園自粛にご協力いただきました。家族内や経路不明等などで陽性者が多くみられます。
市民の皆様には、ワクチンを接種された方も含め、引き続き、手洗い、熱中症にも注意しつつ必要に応じた不織布マスクの着用(「屋外・屋内でのマスク着用について(厚生労働省作成)」参照)、特に換気の励行等感染防止対策の徹底をお願いします。
大分市保健所では、自宅で療養している陽性者の健康相談(097-536-2222)を24時間実施できる体制を確保しています。また、咳や発熱など心配な症状がある場合には、早めに「かかりつけ医」などの医療機関、24時間対応の「受診相談センター」(097-506-2755)、または上記の097-536-2222(大分市保健所)にご相談ください。(「相談・受診の目安について」参照)
大分郡市医師会では、ドライブスルー方式の発熱外来を事前予約制で博愛病院に設置していただいていますが、本日は台風接近のため中止、次回は25日(日曜日)に設置の予定です。(「休日の臨時発熱外来について」参照)
令和3年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(1世帯当たり10万円)の申請期限が9月30日(金曜日)までとなっています。対象となる世帯でまだ申請をされていない場合はお早めに申請してください。詳しくは大分市住民税非課税世帯等臨時特別給付金コールセンター(097-514-8800)までお問い合わせください。
また、現在国において検討されている電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金(1世帯当たり5万円)については、詳細が決まり次第改めてお知らせします。

【陽性者の感染経路・推移について】
大分市保健所で陽性が確認されたのは、陽性者の家族112例、知人6例、職場7例、学校9例、高齢者施設2例、幼児教育・保育施設5例、医療機関1例、陽性者と会食1例、県外由来4例、経路不明等91例です。陽性者数はこの7日間で239、438、310、285、235、302、238例となっています。県全体の陽性者数は455、939、770、643、558、609、485例となっています。

【抗原検査センターの状況について】
大分駅前の抗原検査センターでは昨日809人、鶴崎検査所では144人、明野検査所では211人、稙田検査所で126人の利用があり、21人(大分駅前11人、鶴崎4人、明野3人、稙田3人)が陽性となりました。これまで延べ5,313人が陽性となっています。陽性者数はこの5日間で18、15、17、14、21人となっています。抗原検査が陽性の場合は、ご家族も慎重に行動していただきますようお願いします。
なお、無症状で感染の不安を感じる方に対しては、市内の薬局等でも無料検査を行っていますのでご利用ください。(新型コロナウイルス感染症特設ページ内「新型コロナウイルス感染症 無料検査のお知らせ」参照)

【ワクチン接種について】
4回目のワクチン接種について、3回目接種から5か月以上経過する60歳以上の方の接種券を順次発送していますので、届き次第予約ができます。事前に大分市新型コロナワクチンコールセンター(0120-097-321)または予約サイトで予約してください。18歳以上60歳未満で基礎疾患のある方、医療従事者、高齢者福祉施設等の従事者の方は、事前に申請していただいた後に接種券を発送します。申請はコールセンター(0120-097-321)に連絡をいただくか、市ホームページの電子申請を利用してください。
3回目のワクチン接種について、2回目接種から5か月以上経過する12歳以上の方の接種券を順次発送していますので、届き次第予約ができます。
3回目4回目接種の集団接種会場は、大分こども病院会場、九州電力大分支店会場、県営接種センター(3回目接種のみ武田社ワクチン(ノババックス)の選択が可能)です。
5歳から11歳へのワクチン接種について、2回目接種後5か月経過した方は3回目の接種ができるようになりました。接種券を順次発送していますので、届き次第予約ができます。厚生労働省の通知において12歳未満についても、9月6日から努力義務の対象となりました。ワクチンの必要性について疑問や不安があるときは、かかりつけ医などによくご相談ください。(新型コロナウイルス感染症特設ページ内「新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報」参照)

(以上)

大分市長 佐藤樹一郎

関連資料

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る