ホーム > 健康・福祉・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症 > 大分市新型コロナウイルス感染症対策本部会議 > 大分市立小中学校及び義務教育学校における今後の対応について(4月28日発表)

更新日:2020年4月28日

ここから本文です。

大分市立小中学校及び義務教育学校における今後の対応について(4月28日発表)

(1)5月7日(木曜日)以降の対応  

5月7日(木曜日)以降、5月29日(金曜日)まで臨時休業を継続します。

7日(木曜日)は中学校3年生(義務教育学校9年生を含む、以下同じ)を対象として、11日(月曜日)は小学校6年生(義務教育学校6年生を含む、以下同じ)を対象として登校日とします。午前9時登校とし、タブレット端末を一人一台貸与することによる在宅学習のガイダンスを1時間程度行います。

  • 感染症拡大の状況により、18日(月曜日)から、曜日を定めた全学年の分散登校を実施します。
  • 現時点では、1学期を8月12日(水曜日)まで延長することにより、夏季休業期間を短縮することとしています。

※登校日、分散登校、いずれも不測の事態により、急遽変更の場合もあります。

(2)臨時休業期間中の在宅学習について

タブレット端末を活用した在宅学習

中学校3年生、小学校6年生は、臨時休業期間中、タブレット端末を活用した在宅学習を行います。

学習プリントによる在宅学習

小学校1~5年生、中学校1、2年生、義務教育学校1~5年生、7、8年生は、学習プリントによる在宅学習を行います。

(3)分散登校について

連休明けの感染状況を見極めた上で、5月18日(月曜日)から学年や学級毎の分散登校による指導を行います。指導は1学級を分割した学習集団を編制し実施します。

  • 小学校1年生から中学校2年生は週2回、中学校3年生は週3回の登校とします。
  • 原則として、午前中の指導とします。
  • 基礎疾患や体調に不安がある児童生徒には、事前に保護者と相談のうえ、「登校しなくてもよい日」として扱うとともに、学習補充にも配慮した対応をとります。

関連リンク

新型コロナウイルスに関連する情報

お問い合わせ

教育委員会事務局教育部学校教育課 

電話番号:(097)537-5648

ファクス:(097)532-2281

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?

ページの先頭へ戻る