大気汚染防止法の一部改正についてお知らせします


○背景

水銀に関する水俣条約の的確かつ円滑な実施を確保するため、大気汚染防止法の一部を改正する法律(平成27年6月公布)が平成30年4月1日より施行されます。本改正により、工場及び事業場における事業活動に伴う水銀大気排出規制が開始されます。

改正大気汚染防止法の概要

(1)水銀排出施設の設置等の届出
水銀排出施設の設置、構造等の変更をする場合は、工事着工の60日前までに届出が必要となります。また、法施行時点(平成30年4月1日)で既に水銀排出施設を設置している場合は、法施行日から30日以内に届出が必要です。

(2)水銀等に係る排出基準の遵守義務等
水銀等を大気中に排出する者は、水銀排出施設に係る排出基準を遵守しなければなりません。また、水銀排出施設に係る水銀濃度を測定し、その結果を記録し、保存しなければなりません。

(3)要排出抑制施設の設置者の自主的取組
要排出抑制施設(製銑の用に供する焼結炉、製鋼の用に供する電気炉)については設置届出等の対象外ですが、排出抑制のための自主的取組として、単独又は共同で、自ら遵守すべき基準の作成、水銀濃度の測定・記録・保存等を行うとともに、その実施状況及び評価を公表しなければなりません。

(4)罰則
水銀排出施設の設置に関する計画変更・廃止の命令違反、改善勧告に係る措置の命令違反、届出義務違反・虚偽の届出、水銀濃度測定結果の記録・保存義務違反、虚偽の記録については、罰則規定があります。


○関連情報


大気汚染防止法に関する申請・届出等手続き一覧(大分市ホームページ)
水銀大気排出対策(環境省ホームページ)
水銀大気排出規制への準備が必要です!(環境省リーフレット)
水銀大気排出規制に関する主な質疑応答(環境省資料)
水銀大気排出抑制規制対策について(環境省資料)


この情報のお問い合わせ先
環境部 環境対策課 大気・騒音担当班
電話:(097)537-5748  FAX:(097)538-3302

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?