大分市産業観光の魅力発信業務委託に係るプロポーザル参加事業者を募集します

大分市産業観光の魅力発信業務委託に係るプロポーザル参加事業者を募集します。

 

1.事業目的

 製造品出荷額九州第1位を誇る本市は、日本を代表する大企業や関連する中小企業をはじめ多種多様な企業が集積し、幅広い事業活動を展開するなかで経済発展を遂げてきた。
 また、本市では、平野部や中山間部の広い範囲において多彩な農業が営まれ、「おおば」、「にら」、「みつば」、「水耕せり」など、施設野菜の栽培規模の大きさや先進技術の導入により、全国でも有数の産出額を誇る産業となっている。
 さらに漁業において高級魚として高い評価を得ている「関あじ関さば」は、一本釣りや面買いといった技術や手法が、その評価の裏付けとして存在する。
 その他にも、新産業都市に指定される以前から本市の発展を支えてきた各種産業、今後の市場拡大が見込まれる成長産業、インフラ、産業遺産など、本市の産業は幅広く、観光資源となりうる多くの産業とその活動が存在する。
 こうした特色を活かし、産業観光の素材発掘、産業観光プログラムの整備、産業観光パンフレットの作成及び配布、これらの業務を行うことにより、施設等見学者の増加や観光誘客を促して、交流人口を拡大することを目的とする。
 

 

2.委託業務の概要

 (1)業務名

  大分市産業観光の魅力発信業務委託(以下「本業務」という。)
 

 (2)業務内容

  別紙 大分市産業観光の魅力発信業務委託 仕様書(以下「仕様書」という。)のとおり
 

 (3)履行期間

  契約締結日から平成30年3月20日(火)まで
 

 (4)委託契約上限額

  5,000,000円(消費税および地方消費税を含む)
 

 

3.参加者の資格

 「企画提案書」等を提出する事業者は、次の各号に掲げるすべての要件を満たすこととする。

 (1)法人格を有していること。


 (2)地方自治法施行令第167条の4の規定する者に該当しないこと。
 

 (3)公告日から企画提案書提出日までの間のいずれの日においても、大分市物品等供給契約に係る指名停止
   等の措置の関する要領(平成 21 年大分市告示第 553 号)に基づく指名停止期間中でないこと。
 

 (4)会社更生法に基づく更正手続開始の申立ておよび民事再生法に基づく再生手続開始の申立てがなされて
   いないこと。
 

 (5)大分市が行う契約からの暴力団排除に関する措置要綱第3条(平成24年大分市告示第377号)に基
   づく排除措置の対象者でないこと。
 

 (6)企画提案書提出日以前3月以内に、手形交換所で手形若しくは小切手の不渡りを出した事実又は銀行若
   しくは主要取引先からの取引停止等を受けた事実がないこと。
 

 (7)国税および地方税を滞納していないこと。
 

 (8)仕様書に定める業務について、充分な業務遂行能力を有していること。
 


 

※その他の事業の詳細については、ページ下部に記載のダウンロードファイルをご覧ください。


関連情報
ダウンロード
この情報のお問い合わせ先
商工労働観光部 観光課
電話:(097)537-5717  FAX:(097)537-5670

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?