10月22日は衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査の投票日です


10月22日(日)は 衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査 の投票日です。

選挙は、わたしたちが政治に参加する最も重要な機会です。
あなたの声を国政に反映させるため棄権することなく必ず投票に行きましょう。



1.選挙の公示日と選挙資格

公示日 10月10日(火)
国籍 日本国民であること
年齢 平成11年10月23日までの出生者
転入者 平成29年 7月 9日までに本市に転入届出をし、引き続き3か月以上住所を有する人
転出者 平成29年 6月22日以降に本市を転出し、転出先市町村で名簿登録されていない人については、本市で投票ができます
市内転居者 平成29年 9月29日までに市内転居の届出をした人は新住所地で、平成29年 9月30日以降に市内転居の届出をした人は旧住所地での投票になります

衆議院小選挙区選出議員選挙の選挙区割
大分市の小選挙区は、第1区と第2区に分かれています。
        第1区・・・・・・旧大分市の区域にお住まいの人
        第2区・・・・・・旧佐賀関町・旧野津原町の区域にお住まいの人
第1区と第2区で候補者が異なります。第1区から第2区または第2区から第1区へ市内転居の届出をした人は、転居の時期によりその属する選挙区が変わるため、入場整理券で確認し、間違いのないように投票してください。



2.投票


 投票日 

10月22日(日)衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査 
  ※衆議院議員総選挙では、小選挙区選出議員選挙と比例代表選出議員選挙の2つの投票が行われます。 あわせて最高裁判所裁判官国民審査の投票も行われます。


 投票時間 

午前7時から午後8時まで

※以下の投票所は、終了時刻を繰り上げています。
午後7時まで…上戸次、下戸次、広内、佐賀関全地区、野津原第1~第4の投票所
午後6時まで…河原内、野津原第5~第8の投票所
午後4時まで…百木、伊与床の投票所
投票所入場整理券に記載していますのでご確認ください。
※入場整理券は圧着式のはがきです。はがき1枚には2名分まで記載されています。
※投票所で不自由なことがございましたら、係員にご相談ください。
※最高裁判所裁判官国民審査の期日前投票が、原則として総選挙の公示日の翌日から可能になりました(詳細は下記「8.お知らせ」参照)
※同伴する子供は投票所に入ることができます(詳細は下記「8.お知らせ」参照)
※ペットを連れての入場はご遠慮ください。
※入場整理券は、万一届かない場合や破損・紛失した場合でも投票はできますので、当日投票所の係員にお申し出ください。
 
以下の投票区は投票所を変更しました。

投票区 変更前 変更後 備考
荷 揚 大分市立荷揚町小学校体育館 旧大分市立荷揚町小学校体育館 名称のみ
中島第1 大分市立住吉小学校体育館 大分市住吉保育所  
中島第2 大分市立中島小学校体育館 旧大分市立中島小学校体育館 名称のみ
王 子 大分市立王子中学校体育館 大分大学教育学部附属特別支援学校体育館  
明野北第1 大分市立明野北小学校体育館 大分工業高等専門学校第一体育館  
明野南 大分市明野出張所2階大会議室 大分市明野支所2階大会議室 名称のみ
百 木 百木公民館 樫原公民館  

 参考:お住まいの投票区を調べるにはこちら(投票区一覧
           投票所を調べるにはこちら(投票所一覧

 ※投票所一覧のリンクから、各投票所の地図を調べることができます。


 投票の仕方 

投票所では、先に小選挙区選出議員選挙の投票を行い、次に比例代表選出議員選挙と最高裁判所裁判官国民審査の投票を行います。

 【投票の方法】
小選挙区選出議員選挙 ・・・・ 候補者名を記入する。
比例代表選出議員選挙 ・・・・ 政党その他の政治団体名を記入する。
最高裁判所裁判官国民審査 ・・・・ やめさせた方がよいと思う裁判官の氏名の上の欄に「×」を記入する。
                (やめさせなくてよい場合は、何も書かない。)

【投票の流れ】
(1) 名簿対照係で入場整理券を提示し受付する
(2) 投票用紙交付係から投票用紙を受領する
(3) 記載台で記入する
(4) 投票
 
【点字投票】
目の不自由な人で点字のできる人は、点字投票ができますので、係員にお申し出ください。
点字器は各投票所に用意していますが、点字器を持参して投票することもできます。
 
【代理投票】
病気やけがなどのため、自分で投票用紙に記入できない人は、投票所の係員にお申し出ください。
係員の1人が代筆し、もう1人の係員が立ち会う代理投票ができます。
投票の秘密は守られますので安心してお申し出ください。

※代理投票を行う際のご注意
(1) いずれの候補者・政党に投票したいかをご自分で意思表示できる方に限ります
意思表示の方法には、投票したい候補者氏名(政党名)を言う、もしくは指差す等、選挙人の状態に合わせた様々な方法が考えられます。詳しくは選挙管理委員会事務局までお問い合わせください。
(2) 選挙人の家族や付添いの方等は、代筆することはできません
選挙人の家族や付添いの方等は、やむを得ない事情がある者として投票管理者が認めた場合は投票所に入ることはできますが、投票の記載をする場所で、投票手続きに関与することはできません。



各投票所では、簡易スロープを設置するなどバリアフリー対策に努めています。
(城南中学校体育館は2階投票会場へのエレベーターがありますのでご利用ください。)

何かお困りのことがございましたら、お気軽に投票所内の係員にお声かけください。

参考:おからだの不自由な方へのご案内(チラシ)



3.開票(第1区・第2区同じ)


 開票開始日時 

10月22日(日)午後9時15分から 



 開票場所 

大分県立総合体育館大体育室



4.期日前投票


さまざまな理由で投票日に投票に行くことができない場合に、投票日より前に投票できる制度です。
宣誓書を提出したうえで、投票します。

 
 期日前投票の場所と期間  

期日前投票所

設 置 期 間
(投票できる人)

投 票 時 間
大分市役所第2庁舎6階

10月11日(水)から
10月21日(土)まで
(市内全域の人)

午前8時30分から
午後8時まで
鶴崎支所 10月11日(水)から
10月21日(土)まで
(市内で第1区の区域の人)
大南支所
稙田支所
大在支所
坂ノ市支所
明野支所
佐賀関支所 10月11日(水)から
10月21日(土)まで
(市内で第2区の区域の人)
野津原支所
大分大学旦野原キャンパス教養教育棟 10月18日(水)から
10月19日(木)まで
(市内で第1区の区域の人)
午前10時から
午後 5時まで

※平成28年7月10日執行の参議院議員通常選挙から大分大学旦野原キャンパスに期日前投票所を設置しています。


 対象者 
 
大分市の選挙人名簿に登録されている人で、以下の事由に該当する人
 ○仕事や冠婚葬祭などで投票日に投票に行けない人
 ○旅行やレジャーなどで投票日に自分の投票区にいない人
 ○病気やけが、妊娠、出産などで歩行が困難な人
 ○天災または悪天候により投票所に到達することが困難である人
 ※他市町村の選挙人名簿に登録されている人は、大分市で期日前投票ができません。


 投票方法 
 
宣誓書を記入することを除いては当日の投票方法と同じです。
宣誓書は各期日前投票所でも用意していますが、次のダウンロード先の宣誓書を印刷したものや、投票所入場整理券内の宣誓書にご記入されたものをお持ちいただいても構いません。

ダウンロード:期日前投票宣誓書(PDFファイル:214KB)



5.不在者投票


 旅行先、出張先での不在者投票 

用務の都合などで市外に滞在している人は、滞在先の市町村で不在者投票ができます。
本市選挙管理委員会に『不在者投票請求書兼宣誓書』により投票用紙等を請求し、折り返し送られた投票用紙等を滞在先の選挙管理委員会に持参して投票してください。
※この制度は郵送期間を必要としますので、早めに手続きをしてください。
※他市町村の選挙人名簿に登録されている人が大分市で不在者投票をする場合は、大分市役所第2庁舎6階にお越しください。各支所ではできません。
 
参考:旅行先、出張先での不在者投票
ダウンロード:不在者投票請求書兼宣誓書(PDFファイル:226KB)


 指定施設での不在者投票 

都道府県選挙管理委員会の指定する病院・老人ホームなどに入院または入所中の人は、その施設で不在者投票ができます。

参考:入院・入所中の病院や老人ホームなどでの不在者投票
参考:県内不在者投票指定施設一覧


 郵便等による不在者投票 

身体に重度の障がいがあり投票所に行くことができない人が、投票用紙を請求して自宅等で投票し、郵便等により送付する制度です。投票するためには事前に『郵便等投票証明書』の交付を受けていることが必要です。
この制度は郵送期間を必要としますので、早めに手続きをしてください。

※投票用紙を請求できる期限 … 10月18日(水)(必着)

郵便等による不在者投票ができる人、郵便等投票証明書の交付申請方法および投票用紙の請求方法については下記をご覧ください。
 
参考:郵便等投票について



6.選挙人名簿への登録の確認について


衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査に伴い、新たに登録した選挙人の一覧表をお見せします。
 
参考:選挙人名簿の閲覧について



7.在外投票について


大分市の在外選挙人名簿に登録されている人の日本国内における投票場所は、以下のとおりです。投票の際は、必ず「在外選挙人証」をご持参ください。(在外選挙人は、最高裁判所裁判官国民審査はできません。)  

当日投票  旧大分市の在外選挙人名簿に登録されている人・・・・・旧荷揚町小学校体育館
旧佐賀関町の在外選挙人名簿に登録されている人・・・・佐賀関公民館
旧野津原町の在外選挙人名簿に登録されている人・・・・野津原支所大会議室
期日前投票 大分市役所第2庁舎6階大研修室 (10月11日から10月21日まで)




8.お知らせ


 
 選挙人名簿の内容確認手段の閲覧への一本化について 

選挙人名簿の内容確認手段について、縦覧制度が廃止され、個人情報保護に配慮した規定が整備されている閲覧制度に一本化されました。


参考:選挙人名簿の閲覧について


 期日前投票事由の見直しについて 

期日前投票事由に「天災又は悪天候により投票所に到達することが困難であること」が追加されました。平成29年10月22日執行の衆議院議員総選挙から適用されます。


 
 最高裁判所裁判官国民審査の期日前投票日の見直しについて 

最高裁判所裁判官国民審査の期日前投票の開始日(従来:選挙期日前7日)が、原則として、衆議院議員総選挙と同様、総選挙の公示日の翌日(通常、選挙期日前11日間)となりました。平成29年10月22日執行の最高裁判所裁判官国民審査から適用されます。


参考:最高裁判所裁判官国民審査関係法令



 18歳選挙権について 

公職選挙法の改正により、平成28年7月10日執行の参議院議員通常選挙から、選挙権年齢が「満20歳以上」から「満18歳以上」に引き下げられました。平成28年7月10日執行の参議院議員通常選挙から適用されています。

※ 学生の住所地は原則として修学地のアパート等の所在地とされています。住民異動の届出後3カ月経過しなければ選挙人名簿に登録されず、大分市において投票ができませんのでご注意ください。

参考:選挙権年齢引下げについて

 
 選挙人が同伴する子供の範囲拡大について

選挙人が投票所に同伴する子供の範囲が「幼児」から「18歳未満」に拡大されました。平成28年7月10日執行の参議院議員通常選挙から適用されています。


 インターネット選挙運動について  

インターネット等の普及に鑑み、選挙運動期間における候補者に関する情報の充実、有権者の政治参加の促進等を図るため、インターネット等を利用する方法による選挙運動が解禁されました。平成25年7月21日執行の参議院議員通常選挙から適用されています。

参考:インターネット選挙運動の情報について



大分県HP:第48回衆議院議員総選挙・第24回最高裁判所裁判官国民審査


この情報のお問い合わせ先
選挙管理委員会 選挙管理委員会事務局
電話:(097)537-5652  FAX:(097)537-5585

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?