大分市の教育を考えるシンポジウムを開催しました

 平成29年3月に策定した「大分市教育ビジョン2017」の基本理念である「豊かな心とたくましく生きる力をはぐくむ」の実現に向けて、「縦の接続」と「横の連携」の視点による「つなぎ・つながる教育」を目指し、大分市の教育を考えるシンポジウムを開催しました。

 第1部では、「縦の接続」の視点から、各世代間と社会をつなぐ教育を展開するため、中高生による卒業レポートの発表や、各世代が抱く夢や希望の発表を行っていただきました。

 また、第2部のパネルディスカッションでは、「横の連携」の視点から、子どもたちを取り巻くさまざまな人々が連携・協働し、子どもの学びを支えるため、学校、家庭、地域、行政機関の今後の連携の在り方について、パネリストの皆さんからご意見を伺いました。
 シンポジウムには430名の皆様にご参加いただきました。

 なお、この模様は、J:COMのホルトチャンネル(12チャンネル)にて次の期間、ご覧いただけます。ぜひ、ご覧ください。
  放送日時:8月21日(月曜日)~8月27日(日曜日) 午後0時30分~2時30分、午後7時~9時(1日2回放送) 


【シンポジウムの概要】 

  開催日時・場所・主催

・ 開催日時:平成29年7月28日(金) 午後1時30分~4時

・ 場所  :コンパルホール1階 文化ホール

・ 主催  :大分市・大分市教育委員会

 

  シンポジウムの名称

大分市教育ビジョン2017推進事業

大分市の教育を考えるシンポジウム ~つなぎ・つながる教育を目指して~

  

  内容

開会行事

 アトラクション「こども小潮太鼓」

第1部 各世代による発表
 「縦の接続」 ~それぞれの夢や希望~
 中学1年生・高校1年生は、昨年度卒業時に作成した「卒業レポート」を基に、「これまでの自分」や「これからの自分」について、大学生・社会人は、「自身の学び」「将来の夢」「次世代へのメッセージ」について発表します。


≪発表≫
 ・中学生(大分市立碩田学園7年生)
   卒業レポート「昔の中島を探る」

 ・高校生(大分県立大分舞鶴高等学校1年生)
   卒業レポート「思春期である私たちと感情」

 ・大学生(国立大学法人大分大学教育福祉科学部3年生) 
   「つながることをあきらめない」

 ・社会人(エスペランサ・コレジオ学生)
   「学びを引き継ぐということ」

 ・社会人(おおいたナイトスクール受講生)
   「72歳!目から鱗」



第2部 パネルディスカッション
≪テーマ≫
 子どもたちの学びを支える「横の連携」の在り方について
 
 ・コーディネーター
  伊藤 安浩  氏(国立大学法人大分大学教育学部教授)
 ・パネリスト
  角山 光邦  氏(株式会社角山商店取締役会長)
  西嶋 旭美  氏(大分市PTA連合会副会長)
  渕野 智恵美 氏(賀来小中学校学校運営協議会委員)
  佐藤 治行  氏(大分市立大在中学校校長)
  佐藤 樹一郎  (大分市長)

 


この情報のお問い合わせ先
教育委員会事務局教育部 教育総務課
電話:(097)537-5671  FAX:(097)535-0417

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?