大分市美術館 特別展「ダンボールアート遊園地 大分をあそぼう!」の観覧者数が3万人を超えました

 

 

 現在、大分市美術館で開催中の特別展「ダンボールアート遊園地 大分をあそぼう!」の観覧者数が、8月9日(水)に3万人を超えました。
 
 3万人目の観覧者は大分市曲の川野美帆さんと、陽莉(ひまり)さん、沙良(さら)さん親子と、村上久美子さんとリアさん親子の二家族のグループです。皆さんは、たびたび大分市美術館に来館されており、本展も以前から早く行きたいね、ととても楽しみにしていたとのことでした。
 皆さんには主催者の大分市美術館館長から、美術館オリジナルグッズやダンボールアート工作キットなどの記念品が贈られました。
 
 大好評の本展は、9月3日(日)の最終日まで無休で開催しています。中学生以下は無料、同伴者の方は500円、ワンコインでご観覧いただけます。学んで遊べる新作ダンボールアートでいっぱいの本展は、写真も動画もすべて撮影可能になっています。
 
 また、本日8月9日から、市民の皆さんがつくったダンボールアートのコンクール「みんなのダンボールアート展覧会」がはじまりました。ユニークな着想のもの、高度な技術のもの、元気いっぱい、夢にあふれたもの。身近なダンボールを使って、自由で創造性豊かに表現された作品がたくさん展示されています。

 夏休みも後半戦、涼しい美術館で、ご家族いっしょの楽しい夏の思い出を、写真や動画にとって残してみませんか?夏の工作に参考になる作品もたくさんありますよ!
 ご来館をおまちしています!

 


この情報のお問い合わせ先
大分市美術館 美術振興課
電話:(097)554-5800  FAX:(097)554-5811

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?