大分市水素利活用シンポジウムを開催します

大分市水素利活用シンポジウム
~水素が人・圏域・産業をつなぎ拡げる 未来創造都市~ 

日時: 平成29年1021(土) 午後1時30分~午後4時(午後1時開場)
会場: コンパルホール3階 多目的ホール (大分市府内町1丁目5番38号)
主催: 大分市
参加料:無料
定員: 300人

 ※創業経営支援課まで電話(097-585-6029)もしくはファクス(097-533-6117)にてお申し込みください。事前申し込みのない方の当日参加も可能です。
 ※無料託児サービス(満1歳~未就学児)を希望される場合は10月6日までに電話にてお申し込みください。 


  本市では、平成29年9月に「大分市水素利活用計画」を策定し、水素の利活用により地球温暖化の課題解決と産業振興の促進を目指しています。市民の皆様や企業関係者の方々に水素エネルギーについて理解を深めていただくため、シンポジウムを開催します。
 今回のシンポジウムでは、国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構主任研究員の大平英二氏による基調講演、九州大学副学長・水素エネルギー国際研究センター長の佐々木一成氏をコーディネーターに迎えたパネルディスカッションなどを行います。
 また、当日は市民プラザ(中庭)にて、燃料電池自動車の特別展示を行います。

 
 ビデオ上映 》》午後1時40分~
   (1)Suisoなセカイへ(水素エネルギーについての紹介動画)
   (2)大分市水素利活用計画について

 基調講演 》》午後1時55分~
   テーマ:水素エネルギー利活用の新たな展開
   講 師:
大平 英二 氏(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構主任研究員・大分市水素アドバイザー)
      
 
パネルディスカッション 》》午後2時45分~
   テーマ:おおいた水素シティの展望
   コーディネーター:佐々木 一成 氏(九州大学副学長・水素エネルギー国際研究センター長)
   パネリスト:大平 英二 氏
         山北 智子 氏(福岡県商工部新産業振興課企画監)
         染矢 安博 氏(江藤産業(株)代表取締役社長)
         桑野 恭子 氏(認定NPO法人 地域環境ネットワーク理事)
         佐藤 樹一郎(大分市長)

 (特別展示) 水素燃料電池自動車の展示
   内 容:市が所有する燃料電池自動車の展示を行い、水素に関連する先端技術の認知度向上を図ります。
   場 所:市民プラザ(コンパルホール中庭)
 

問い合わせ先:   参加についてのお問い合わせ)
 商工労働観光部 創業経営支援課
    電話:097-585-6029
    ファクス:097-533-6117
    メール:keikin@city.oita.oita.jp

内容についてのお問い合わせ) 
 環境部 環境対策課
    電話:097-537-5758

    ファクス:097-538-3302
    メール:kankyotai5@city.oita.oita.jp
 

 チラシ


ダウンロード
この情報のお問い合わせ先
商工労働観光部 創業経営支援課
電話:(097)585-6029  FAX:(097)533-6117

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?