29年度 特別展4「奇才・ダリ展 ~もうひとつの顔~」

奇才・ダリ展ロゴ

 20世紀を代表するスペインの画家サルバドール・ダリ(1904-1989)。風変わりな言動でスキャンダラスな話題を振りまき、油彩、版画等の絵画制作にとどまることなく、彫刻、オブジェ、舞台芸術、宝石デザイン、広告デザイン、映画、文筆など幅広い分野で精力的な活動を展開し、数多くのすぐれた作品を生み出しました。特に、版画の造詣は深く、1,500点以上もの作品を残し、その画期的な作風は、従来の版画作品そのものの価値観を覆したといわれています。
 本展では、版画集「神曲」(ダンテ著)や「シュルレアリスムの思い出」など、初期から円熟期、そして晩年にいたる200点以上の版画作品をとおして、油彩だけではない、ダリの「もうひとつの顔」を紹介しました。さらに、長崎県美術館の油彩画を1点、特別に展示しました。

 

会期 平成29年9月14日(木)~10月29日(日)
   
休館日 9月19日(火)、25日(月)、10月10日(火)、16日(月)、23日(月)
   
開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
   
会場 大分市美術館 企画展示室
   
観覧料 一般1,100(900)円/高校生・大学生800(600)円
  ※中学生以下は無料
  ※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料
  ※本展観覧料でコレクション展も併せてご覧になれます。
  ※本展は「大分市美術館年間パスポート」がご利用になれます。
   
観覧者数 17,629人
   
出品点数 222点
   
主催 TOSテレビ大分、大分市美術館、ダリ展大分実行委員会
   
共催 大分合同新聞社
   
特別協賛 メルセデス・ベンツ大分
   
後援 シティ情報おおいた、エフエム大分、スペイン大使館Embajada de Espana
   
企画協力 谷口事務所
   
特別協力 長崎県美術館
   

 

 <関連イベント>
〇オープニングトーク
講師=米田耕司氏(長崎県美術館館長)
日時:9月14日(木)午前10時から午前11時まで
場所:企画展示室内
参加人数:102人

〇館長講演会「ダリ その生涯と芸術」
場所:ハイビジョンホール
講師:菅 章(大分市美術館館長)
・第1回
日時:9月24日(日)午後2時から午後4時まで
参加人数:108人
・第2回
日時:10月21日(土)午後2時から午後4時まで
参加人数:56人

〇子ども講座 秋の美術教室「”ダリ”に変身!」
日時:10月14日(土)午後1時30分から午後3時30分まで
場所:チャイルドハウス
講師:片山美穂(大分市美術館指導主事)
参加人数:35人

<展示解説>
日時:会期中水曜日午後2時から(30分程度)
場所:企画展示室
担当:美術館職員
参加人数:116人

 


ダウンロード
この情報のお問い合わせ先
教育委員会事務局教育部 美術館 美術振興課
電話:(097)554-5800  FAX:(097)554-5811

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?