大分市美術館 「大分県立芸術緑丘高等学校生徒による 生賴範義への挑戦―物語と写実」を開催します

 この度、「生賴範義展 THE ILLUSTRATOR」関連の作品展として、「大分県立芸術緑丘高等学校生徒による 生賴範義への挑戦―物語と写実」を開催します。
 スター・ウォーズ、ゴジラを描いた孤高のイラストレーター生賴範義の作品では、映画や小説の内容を彷彿とさせる物語性、写実性が重要な構成要素となっています。
 今回、大分県立芸術緑丘高等学校の2、3年生が「生賴範義への挑戦」と題して、物語、写実をテーマとしたイラスト制作に取り組みました。 
 本展では、
校内選考を経た、3年生・23人、2年生・23人、計46人のイラスト46点を紹介します。
 
 

2年十時杏梨「バラ色の人生?」

                        上の作品:2年 十時杏梨「バラ色の人生?」

会期:5月27日(土)~6月30日(金)
開場時間:午前10時~午後6時
※休館日、ワークショップが開催される6月5日(月)、6月11日(日)、17日(土)、18日(日)、25日(日)は観覧できません。
場所:大分市美術館研修室
観覧料:無料


                          

                                      下の作品:3年 後藤午「あの子の記憶」

3年後藤午「あの子の記憶」

<作品解説および生賴範義展鑑賞会>
日時:平成29年6月3日(土)午後2時~3時
講師:首藤宏道氏(大分県立芸術緑丘高等学校 美術科教諭)
場所:美術館研修室、企画展示室 (美術館研修室集合)
※聴講は無料ですが、生賴範義展鑑賞会の聴講は観覧券が必要です。

                           下の作品:3年 小方樹「既朔」

3年小方樹「既朔」

関連情報
この情報のお問い合わせ先
教育委員会事務局教育部 美術館 美術振興課
電話:(097)554-5800  FAX:(097)554-5811

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?