大分市同報系防災行政無線の運用について

 同報系防災行政無線とは

 地震や津波、その他の災害等に備え、災害情報等を迅速に市民の皆様へ伝えるための情報伝達手段の1つです。避難情報等を屋外拡声子局(屋外スピーカー)により、サイレンや音声でみなさんにお知らせいたします。市役所本庁舎に設置している親局及び、各支所からの遠隔制御による放送を行うほか、緊急地震速報や国民保護情報など、国からの情報を瞬時に伝達する全国瞬時警報システム (J-ALERT)と連動し、自動起動による放送を行います。同報系防災行政無線は、天候、風向き、家の中や外等、条件によって聞こえにくい場合がありますので、大分市防災メールや携帯電話会社の緊急速報メールと併せて、ご利用ください。

 

屋外拡声子局(屋外スピーカー)                                                                                                                                     

 各支所及び市内沿岸部の公共施設等に津波浸水想定エリアを中心として、現在43個所に屋外拡声子局を設置しています。         

   屋外拡声子局設置場所一覧

屋外スピーカーの種類  

  

        中距離              トランペット              長距離

 

同報系防災行政無線の放送内容                                                                                   

 ・災害情報  国民保護情報、緊急地震速報、地震情報、津波警報、避難勧告等

 ・放送訓練  全国一斉情報伝達訓練、県民防災アクションデー、大分市シェイクアウトに伴う訓練放送、設備点検のための試験放送、その他臨時訓練放送等

 

自動電話応答サービス                                                                                             

 同報系防災行政無線で放送した内容を電話で確認できます。(通話料はご本人の負担となります)

 電話番号 097-534-2303 


この情報のお問い合わせ先
総務部 防災危機管理課
電話:(097)537-5664  FAX:(097)533-0252

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?