市長から市民の皆さまへ(4月25日午後5時時点)

大分市長 佐藤 樹一郎

 今回の地震被害につきましては、熊本県内において48名の方がお亡くなりになったほか、大分県内も含めて多くの方が被災されております。お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災されました皆様方に心からお見舞いを申し上げます。

 被災された方々が、一日も早くこの難局を乗り越え、生活の再建を果たせるよう祈念いたしますとともに、今後も大分市として、可能な限り被災地の復旧を支援してまいりたいと考えております。

 なお、大分市においては体感する地震が数日間収まっていることから、本日午後1時30分をもちまして、「災害対策本部」を「災害警戒本部」に移行しました。今後も状況を見ながら、直ちに「災害対策本部」を立ち上げられる体制を整えております。

 避難所についてですが、ここ数日間避難者がいない南大分公民館など7カ所の避難所を、本日午後5時をもちまして閉鎖いたします。
 避難者がいるコンパルホール、大分西部公民館、大分南部公民館、大分東部公民館、明治明野公民館の5カ所の避難所につきましては、4月26日(火)の午前8時をもって閉鎖いたします。
 なお、開設を継続するホルトホール大分及び稙田公民館につきましては4月28日(木)午前8時をもって閉鎖する予定でございます。

 今後の対応につきましては、り災証明書の発行や各種相談業務、土砂災害防止対策など被災地、被災者への支援と今後の防災対策強化の取り組みへとシフトしてまいります。

 また、義援金につきましては、4月18日から募集をはじめましたところ、大分市民をはじめ全国の皆さまからの温かいご支援をいただき、4月25日午後1時現在10,058,946円の募金をいただいております。
 この義援金は、熊本、大分両県の被災された皆さまのご支援に充てることを目的としたものでありますので、皆さまから寄せられた善意の義援金が、できるだけ早く両県にわたって被災者の支援にあてられるように届けてまいりたいと存じます。
 今回の地震は現在も終息しておりません。被災地で活動している大分市職員は現在までに115名となっております。
 皆さまにも引き続きの地震への警戒とご支援をよろしくお願いいたします。


この情報のお問い合わせ先
総務部 防災局防災危機管理課
電話:(097)537-5664  FAX:(097)533-0252

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?