市長から市民の皆さまへ(4月19日午前10時時点)

大分市災害対策本部長
大分市長 佐藤 樹一郎

 今回の地震災害につきましては、昨日午後8時42分にも震度5強の地震が発生し、大分市内でも震度3を記録するなど、まだ予断を許さない状況が続いています。

  当市の学校・公共施設等については、強度の不足している住吉小学校の教室を碩田中学校に移動し、河原内保育所については河原内くすのきホールで代替する等必要な対応を図っています。また、一部の自治公民館などについても使用を控えていただいております。さらに、屋外広告塔が落下した事故があったことから、同様の広告物の安全確認を進めております。詳しくは、「今回の地震の対応状況について(4月19日10時時点)」をご覧ください。

  このように、市民の皆さまの安全に万全を期すべく取り組んでおりますので、協力方よろしくお願いいたします。

  また、被災自治体への支援として、大分県知事の依頼により大分県市長会と連携をとりながら、当市の職員5名を南阿蘇村へ派遣するなど支援体制を拡充しております。佐伯市2名、津久見市、杵築市、宇佐市各1名の職員の方々も南阿蘇村において、ともに支援活動に当たっております。

  当市として昨日から義援金の募集を開始しました。市民の皆さまから、すでに10万円弱の温かい浄財を提供いただいており、誠にありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

  今回の地震については、まだまだ警戒が必要です。市民の皆さまには、報道等の情報にご注意いただき、引き続き自己の安全を第一に考えた行動をお願いします。

会議風景の写真 会議風景の写真2
防災関係機関(大分県中部振興局、大分中央警察署、国土交通省大分河川国道事務所、自衛隊大分地方協力本部、陸上自衛隊第41普通科連隊第4中隊)も参加する大分市災害対策本部会議の様子

 

 


この情報のお問い合わせ先
総務部 防災局防災危機管理課
電話:(097)537-5664  FAX:(097)533-0252

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?