平成26年度決算「経営比較分析表(農業集落排水事業)」を公表します

 大分市では、農業集落における生活環境の改善や農業用排水路の水質改善、河川等の公共用水域の水質保全を図るために、し尿、生活雑排水などの汚水を処理する施設の整備を行ってきました。


 平成28年2月1日現在、吉野地区、市尾・木田地区、内稙田地区において供用開始し、事業を行っています。
 農業集落排水事業は公共下水道事業と同様に、地方公営企業として、施設の維持管理費等の必要な経費を、施設を使用する住民の皆様からの使用料等で賄うこととされています。


 大分市では、安定した事業運営を行うために、これまでも接続率の向上や、使用料の改定、また経費の削減等に取り組んできましたが、施設等の老朽化に伴う更新費用の増大、人口減少に伴う料金収入の減少等により、経営環境は厳しさを増しており、今後ますますの経営努力が必要とされています。
 そこで、今後の事業の安定運営に向けた基礎資料とするために、「経営比較分析表」を策定しましたので、その結果をお知らせします。
 今後は「経営比較分析表」をもとに、必要な住民サービスを安定的に継続できるよう、中長期的な経営の基本計画である「経営戦略」を策定していく予定です。


ダウンロード


この情報のお問い合わせ先
農林水産部 生産振興課
電話:(097)537-5629  FAX:(097)536-0299

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?