楊志館高等学校監修「地産地消レシピ」を紹介します

ryourisyasinn

 

  「地産地消レシピ」とは?

 大分市では地域の気候風土をいかしたさまざまな農林水産物が生産されており、市としては、地域でとれたものを地域で消費する「地産地消」の取り組みを促進しています。その一環として、生産者団体(JA・JF)と楊志館高等学校が連携し、調理科の1年生において地産地消授業を実施しています。その授業の中で生まれたのが「地産地消レシピ」です。広く一般の方々にも公開いたしますので、家庭でも調理し、味わってみてください。

 

 

  ダウンロード

 
 

メニュー名

使用食材

旬の時期

主な産地

1 あじのタタキ(かぼす釜)

関あじ

7~9月

佐賀関

2 ピーマンいっぱいチンジャオロース

ピーマン

6~8月

戸次・吉野

3 イサキの焼霜

関イサキ

6月

佐賀関

4 にらときのこの和風ペペロンチーノ

にら

4~5月

川添・滝尾・戸次・野津原

5 にらの豚巻き天ぷら

にら

4~5月

川添・滝尾・戸次・野津原

6 蒸し鶏のさっぱり大葉ソース

大葉

6~8月

滝尾・高田・坂ノ市

7 みかんの果肉入りゼリー

温州みかん

9~2月

八幡・大在・佐賀関

8 ブリのしゃぶしゃぶ鍋・ゆずポン酢

関ぶり
ゆず

12~1月
12月

佐賀関
吉野・竹中・石川

9 ほうれん草とカリカリベーコンのサラダ

ほうれんそう

11~2月

戸次

10 甘ねぎ・キャベツ・蛸のぬた和え

あまねぎ
キャベツ

11~2月
4~5月、11~12月

竹中・吉野
元町

11  関さばの姿造り

関さば 

12~3月 

佐賀関 

 

 

 


関連情報
この情報のお問い合わせ先
農林水産部 農政課
電話:(097)537-7025  FAX:(097)534-6176

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?